一次試験の結果より byさとし

こんばんは! タキプロ10期関西のさとしです。

過去の投稿はこちら

令和元年度中小企業診断士一次試験の結果が公表されました。

今年度は難化した科目が存在したものの、
全体的には受験者の得点取得状況が良好であり、
没問、加点ともにありませんでした。

 

令和元年度試験

試験合格者数 4,444人 (3,236人)

合格率 30.2% (23,5%)

()内は昨年実績

 

まずは一次試験を無事突破され、
挑戦状を得られた皆様、おめでとうございます!

試験当日迄は2か月を切っています!
ストレート生はまだまだ、解法がわからない状態であると
思いますが、繰り返していくうちに必ず見えてきます。
諦めずに、設問に取り組みましょう。

次年度に挑戦される方々も、来年度突破した際に余裕が生まれるよう、
今から、二次試験問題に是非挑戦してみてください!

合格者数が多かった…?

一次試験の合否の報告を多数受けておりますが、

今年の合格者数は多いイメージがありました。

そして実際、合格者数4,444人、合格率30,2%と、

例年に類を見ない合格者数・率となっています。

 

こうなると、二次試験の受験者数が増加します。

参考迄に二次試験受験者数を推測すると

平成20年度~平成30年度の
『二次試験受験者数』 ー 『一次試験合格者数』
の平均、およそ1750人に

令和元年度一次試験合格者数を合算すると、

二次試験受験者見込み数は6,200人弱となります。
(例年二次試験受験者数は5,000人程度)

例年合格者数に大きな変動はありません。
例年通り1,000人弱に収まるとすれば…

令和元年度は受験者数増加の為、競争率が上昇します。
採点が辛口になるかもしれません。

諸先輩の意見を参考に…

タキプロメンバーが
本来であれば時間をかけて習得する思考法や技術を
各々の目線で披露してくれています。

毎日欠かさずにチェックして、自身で使いこなせるよう
努力を重ねていってください!

 


 

毎週金曜夜~土曜、日曜夜は関西メンバーが担当します。

関西メンバーとはまた来週お会いしましょう!

========================

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

========================

 

————————————————————–

2019年タキプロ関西 勉強会ありますよー

————————————————————–

2019年5月8日(水)より、大阪市内にて2次試験対策の勉強会をスタートしました。

毎回1つの事例の中から2問を題材として回答プロセスなどを議論していきます。

詳しくは、勉強会申込ページをご覧ください。

【勉強会の詳細、お申込みはこちらのページから】

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です