【財務】平成18年 第9問 生産性分析


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

過去問サイト
財務必須論点
 >経営分析

第9問
 生産性分析について述べた次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 生産性分析では、収益性分析における総資本利益率のような比率の体系的、統一的な関係は存在しない。したがって、個々の比率を適宜組み合わせて分析を行う必要がある。生産性分析に用いられる比率のうち、従業員1人当たり付加価値は、付加価値生産の最も重要な要素である労働力の生産性を示すので、通常は労働生産性といわれる。労働生産性はさらに個々の生産性指標に分解して分析される
(設問1)
 次のa~eのうち、文中の下線部①に含まれるものとして最も適切なものの組
み合わせを下記の解答群から選べ。
a 外注加工費
b 間接材料費
c 固定資産税
d 福利厚生費
e 不動産賃借料
[解答群]
ア aとbとc
イ bとcとd
ウ bとdとe
エ cとdとe

(設問2)
 次のa~dのうち、文中の下線部②の分解のための計算式として最も適切なも
のの組み合わせを下記の解答群から選べ。
a 従業員1人当たり売上高 × 付加価値率
b 従業員1人当たり売上高 ÷ 付加価値率
c 従業員1人当たり人件費 × 労働分配率
d 従業員1人当たり人件費 ÷ 労働分配率
[解答群]
ア aとc   イ aとd   ウ bとc   エ bとd

正解)(設問1)エ(設問2)イ

基本レベルの問題なので確実に正解したいですね。

過去問サイト
財務必須論点
 >経営分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です