【財務】平成18年 第10問 事業部別損益計算


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

過去問サイト
財務必須論点
セグメント別損益計算書

第10問
 N社は製品別事業部制を採用している。A事業部とB事業部の売上高と変動費、
固定費の内訳は次のとおりである。A事業部の限界利益とB事業部の貢献利益の金
額の最も適切な組み合わせを下記の解答群から選べ(単位:百万円)。

  A事業部 B事業部 合 計
売上高 800 600 1,400
変動売上原価 500 400 900
変動販売費 80 40 120
個別固定費 100 60 160
共通固定費 140

[解答群]
ア A事業部限界利益:120      B事業部貢献利益:100
イ A事業部限界利益:120      B事業部貢献利益:160
ウ A事業部限界利益:220      B事業部貢献利益:100
エ A事業部限界利益:220      B事業部貢献利益:200

正解)ウ

過去問サイト
財務必須論点
セグメント別損益計算書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です