【財務】平成16年 第2問 精算表


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

過去問サイト
財務必須論点
財務諸表・精算表

第2問(H16)

 次の精算表では、損益計算書欄と貸借対照表欄とで、当期純利益の額が異なっている。これに関連し、下記の設問に答えよ。

合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ

(設問1)

 当期純利益の額が合わない原因は何か。次に掲げる原因のうち、最も適切なものの組合せを下記の解答群から選べ。

a 貸借対照表勘定と損益計算書勘定を混同している。

b 資産勘定と負債勘定を混同している。

c 資産勘定と資本勘定を混同している。

d 収益勘定と費用勘定を混同している

e 金額を移記する際に、借方と貸方を混同している。

【解答群】

ア aとbとc   イ aとbとd   ウ aとcとeエ bとdとe   オ cとdとe

(設問2)

 精算表を正しく作り替えたとき、当期純利益の額として最も適切なものはどれか。

ア 60万円

イ 130万円

ウ 180万円

エ 220万円

解答)

(設問1)エ(設問2)エ

落ち着いて解けば解ける問題です。しかしながら、時間の制約が多い本試験でしっかりと解けるよう、普段から練習しておきましょう。

過去問サイト
財務必須論点
財務諸表・精算表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です