【企業経営理論】平成17年 第5問 産業クラスター・テクノポリス(新産業都市)


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

過去問サイト
企業経営理論必須論点
ネットワーク戦略(産業クラスター)

企業経営理論、必須論点一覧に戻る

第5問(H17)

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 全国各地に様々な産業が集積している。戦後の工業化の過程では重工業を中心にした工業地帯が生まれ、その分散配置を進める中で新産業都市やテクノポリスなどの集積地が登場した。工業化が進むにつれて、人口の都市への集中が起こり、都市の消費を支える中心商店街などの商業集積がみられるようになった。

 しかし、産業構造が高度化し、生活スタイルや消費行動が変化するようになると、地方都市では商店街は困難に直面するところとなった。また、先端技術分野では異業種の企業が連携して新たな産業集積が生まれつつある

(設問1)

 文中の下線部①の新産業都市やテクノポリスの実態について最も適切なものはどれか。

ア アジア、特に中国の工業化が急進展していたので、地方の企業誘致は中国との競争にさらされるようになった。

イ 行政は地場企業の工業用地への入居を優先したので、大企業の地方分散は進まなかった。

ウ 工業団地を整備するにあたって、行政は企業の要望を取り入れたので、どこも入居は順調に推移した。

エ 産業の集積には、企業のみならず、技術や人材を供給する大学、自治体の支援、そして便利で良好な生活空間などが一体となって相乗効果を発揮することが望ましいことが指摘された。

オ 大企業が生産拠点を地方に分散するにともなって、工業力の乏しい地方都市にも中小のサポーティング・インダストリーが多数生まれ、第1次ベン チャー・ブームが地方から起こった。

(設問2)

 文中の下線部②の商店街をめぐる問題として最も不適切なものはどれか

ア 郊外型の大型店に客を奪われ、商店街の売上が激減している。

イ 商店街の経営者が高齢化して後継者不足になっている。

ウ 商店街への大型店出店への反対運動が激しく、大型店は郊外出店を余儀なくされる例が続出している。

エ タウン・マネジメントを使った商店街の再開発は大きな成果を生み出せないでいる。

(設問3)

 文中の下線部③の新たな産業集積の説明として、最も適切なものはどれか。

ア エレクトロニクスや自動車産業における水平型のネットワークによる技術連携が代表的であり、ネットワークの中心となる企業の名を冠した産業集積がみられる。

イ 社会的な分業が特定地域に集中して地域の特産品が生まれている。

ウ この例として先端技術分野の異業種が空間的に集積し、ネットワーク型の連携をとっている例がIT分野などにみられ、しばしば産業クラスターと呼ばれている。

エ この例として注目されるのは、ハイテク団地をつくり、先端技術企業を集団 立地させて産業集積をつくるものであり、手法的には古典的であるが、M. ポーターの提唱に沿って産業集積のダイヤモンド・モデルと呼ばれている。


解答

(設問1)エ(設問2)ウ(設問3)ウ

過去問サイト
企業経営理論必須論点
ネットワーク戦略(産業クラスター)

企業経営理論、必須論点一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です