日曜日は名古屋の日!ロスなく合格を目指す〜


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

おはようございます、ホンミンです。
今回は、いかに模試を活用するかについて私の場合を書かせていただきます。
私はTACの通信を受講していたこともあり、TACの模試のみ受けました。複数の模試を受ける方もいらっしゃると思いますし、私のように一社しか受けない方もいらっしゃる方もいるかと思います。
個人的に思うのは、大事なのは数を受けることではなくその模試の結果を受けて自分の各科目の現状を客観的に把握することだと考えています。
難問奇問は無視しましょう。どうせ本試験で出てきても解けませんし解く必要もありません。
まずは基本的問題ができていたか。そして、少し応用の問題ができていたか。
いわゆるAランクBランク問題で取りこぼしていたら、その部分と周辺知識をしっかり復習しましょう。
すでにそれらができていたら、Cランクをどれだけとれているか確認し、その周辺知識を再度学習するのがいいと思います。
まずは基礎です。
基礎さえできていれば1次試験の突破は間違いなく容易です。
私自身、その考え方で受験して全科目60点は超えましたし平均で75点は超えていたと思います。
難問に惑わされて変に学習の範囲を広げてしまうことが一番危険です。
頻出知識をまずはしっかり固めるよう、学習を続けていきましょう。
それでは、ホンミンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です