財務・会計の勉強法~鳥取から配信:こう【Vol.8】


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

みなさん、おはようございます。

タキプロ関西チームのこうです。

先日1週間程仕事で東京に行ってきました。東京都は言わずもがな都道府県の中で最も人口が多いです。一方、私が住んでいる鳥取県は、都道府県の中で最も人口が少ないです

最近は月に一度東京出張がありますが、普段人の多さに慣れていない分、結構疲れます。。

鳥取では自転車通勤なので、電車に乗ることはなく、朝のラッシュ時は特に大変です。東京にお住まいで、毎日通勤されている方を見ると尊敬しますが、不思議と1週間毎日通勤していればちょっと慣れてくるんですね。

 

財務会計の問題も同じです!ちょっと話の持って行き方に無理やり感がある?)財務会計は1次試験7科目の中で、最も慣れが必要な科目だと思います。今日は、その財務会計についての勉強方法をお話しします。

※ちなみに、鳥取に「汽車」はありますが、「電車」はありません。「電車」というと、注意を受けます)

 

以下、勉強方法のポイントです。

反射で回答できるくらいまで慣れる

公式を覚える

計算以外の問題は範囲を絞って

 

まず、①ですが、問題を見た瞬間に、ペンを動かせるほど素早く回答できるようになるという意味です。財務会計の問題は、得手不得手があると思いますが、解答時間が足りないということが多いです。そんな時、問題を見て「あ、これは見たことがある!解ける!確かこういう公式で…」という風に考えていたら、結構時間を食います。基本問題の出題も多いので、単純な計算問題のように反射で解くことができれば、ベストです。

 

次に②ですが、一見すると①と矛盾しますが、公式も覚えておく方がベターです。

例えば、A社の2期間の固定長期適合率を比較する問題が出たとき、「固定比率の公式とどっちがどっちだったかなぁと思うことがあります。本試験という緊張した状況で、時間に追われながら問題を解くと、普段の勉強では考えられないことも起こり得ます。そういった時、①の反射で解く技術に加え、②の公式で覚えた知識を保険として持っておけば、素早くかつ確実に問題を解くことができます。

 

そして③ですが、財務会計には、計算を必要としない知識問題も出題されます(例えば、ファイナンスリースの特徴を記載した問題総勘定元帳の使い方を説明した問題等)。

私の場合、テキストに記載されていることや模試・問題集の選択肢の知識程度をカバーできればいいと思っていました。財務会計の知識問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」という問題が多いです。そのため、出題範囲も広くなりがちで、なかなか全部をカバーできません。

貸倒引当金の計上基準」を説明する問題がありました。税理士の方は暗記しているはずなので、簡単に解答できると思いますが、計算問題をマスターしながら、会計基準を覚えるのはとても大変だと思います。知識問題については、最低限テキスト等の知識を持って、あとは本番で(もちろん計算問題は優先して解いたうえで)消去法で解答というかたちでいいと思います。

 

本日は財務会計の勉強方法についてお話しましたが、2次試験でも合否を分ける科目であるため、最も注力してほしい科目だと思います。

 

関西チームはお昼も配信します。ゲストで初めて執筆するoyatsuからです。本試験当日の「おやつ」の話、あるかもしれませんよ!

ご期待ください!

 

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

↑↑ 関西勉強会 こちらからお申し込みください。

【メルマガの過去記事はこちらのページから】 

【メルマガの購読はこちらのページから】

========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です