「一番苦労した事例Ⅰ」の攻略ポイント

おはようございます。りん@タキプロ9期です。

一次試験、お疲れ様でした。

まだ疲れが残っている時期かとは思いますが、さっそく2次試験の話題でいきたいと思います!

今回は、私が一番苦手だった「事例Ⅰ」のポイントについてです。

「事例Ⅰ」は、本試験でも設問内容を勘違いしていたりと、散々苦労しました

でも、合格した年はかなり手ごたえを感じました。

その年に「事例Ⅰ」に挑むにあたって、注意していたポイントをご紹介します。

①与件は、とにかく細かいところまでチェック!

事例Ⅰは、ヒントが少なく類推問題が多いと言われているが、根拠はやはり与件文にある

ちょっとした言い回しや修飾語が、答えのヒントになっていたりする。

くまなくチェックして与件に沿った解答を書くよう心がける。

②「組織は戦略に従う」を忘れずに

その企業が何をやろうとしているのか、まずは戦略を考えてみる。

そしてそれにあった組織や人事について考えていくと、出題者の意図に合った答えがみえてくる。

③課題の解決は、必ずどこかに入れるようにする

課題の解決が解答の糸口になることが多くある。

他の事例でも同じだが、課題は必ずどこかで解決することを意識する。

④本試験が一番難しい

2次試験に落ちた2回目の受験までは、本番で、「難しい!」とあせってしまった。

でも競争試験なので、感じていることはみんな同じ。あせらずいつも書いているようなことを書くように心がける。

⑤書けるところはさっさと書いていく

得点しやすい設問で得点をしっかりと取り、全体でうまく合格点を確保することが大切。

難しい問題に時間をかけて考えすぎず、よくある設問など、書けるところからさっさと書いていく。

 

以上です。

2次試験まであと2か月半。勝負はこれからです。

暑い日が続きますが、もうひと踏ん張りがんばってください!応援しています!!

 

明日は「よっしー」さんの登場です!

お楽しみに♪

========================

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

【メルマガの購読はこちらのページから】

========================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です