過去は振り返らないでください(試験当日 プレッシャー対策) by のぶ

おはようございます!
のぶ @タキプロ関西10期です。

いよいよ2次試験まであと1週間ですね。
今回皆さんにお送りしたい言葉は、ただ一つです。

「試験当日は、決して過去を振り返らないでください。」

これは、昨年わたしが心に刻んで試験に挑んだ言葉です。
わたしはこの言葉に助けられ、試験当日プレッシャーに飲み込まれてしまう寸前で踏みとどまれました。
ぜひ心に留めて頂けたらと思います。

試験当日は、かなり緊張します。会場に来ている皆さん、全員が極限に緊張しています。
皆さん、めちゃ勉強して1次試験に受かって、めちゃ勉強して2次試験に備えてきたんですもの。

自分の話をすると、朝会場へ向かう電車の中で手がブルブル震えて止まらなかったのを覚えています。
みんなそうだと思います。
普段通りの100%の力を出し切れる人なんて、そうそういません。
逆に言えば、100%に近いパフォーマンスができさえすれば、ぐっと合格に近づくわけです。

ではどうすれば普段どおりの自分を取り戻せるか。
とにかく当日に関しては
「過去は振り返らないでください。」
というメッセージを思い出して頂けたらと思います。
過去を振り返って、
「あれだけ勉強してきた。あの人に迷惑をかけた。あんなことを犠牲にしてきた・・・」
そんな思い、あると思います。大切な気持ちです。
でもこの日だけは忘れましょう。より大きなプレッシャーを背負いこんでしまう原因になります。
この1日は過去を忘れて、好きな音楽を聴く、とびきりくだらない動画を見てみる、など、ただただ和む事をしましょう。

そして事例Ⅰが終わったら、事例Ⅰの事を忘れちゃいましょう。
「上手くいった、イマイチだった、あの要素を書けばよかった、」考えてはダメです。事例Ⅱの事だけ考えてください。
またまた自分の話をすると、得意科目としていた事例Ⅰで大失態を犯しました。
競争戦略という基礎知識をド忘れするわ、解答フレームワークをすっ飛ばすわ、使用ペンは滲みまくって読めないわ、時間も足りなくなるわという大事故。
めちゃ落ち込みました・・・。
でも、
「過去は振り返らない!事例Ⅰの事は忘れよう!」
と休憩時間にトイレで気持ちを切り替えたことが、その後の流れを決めました。
(余談ですが、2次試験の女子トイレは貸し切りレベルに空いています笑)

事例Ⅱが終わったら事例Ⅱに何を書いたかはとりあえず忘れちゃいましょう。
時に、「あの制約条件がさ~」みたいなお知り合い同士の会話を耳にして、動揺するかもしれません。
でも、そんな制約条件なんてありませんし、私は知りません笑 でスルーしちゃいましょう。

とにかく、目の前だけを見て1日を走り抜けましょう!
過去の反省をして動揺なんかしちゃったら、勿体ないです!

>>>>
以上、私 のぶ から2次試験へのラストメッセージをつづらせて頂きました。
皆さんが、100%の実力を出し切れますように☆

 

毎週金曜夜~土曜、日曜夜は関西メンバーが担当します。
次回は、ksknさんの担当です!当日にむけた取り組みをシェアしてくれますよ~
是非チェックお願いします!

========================

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

========================

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です