診断士:2次試験 直前期の過ごし方 その9


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

みなさん、こんにちは!
短期決戦には勢いも大切だな~と痛感した
九州の診断士@タキプロです。


本日、直前期の過ごし方シリーズ
第9回、「総復習 事例Ⅱの注意点チョキ」を
お伝えいたします。


試験2事例目なので、
みなさんある程度落ち着いた状態だと思います。
また、マーケティング・流通に関する事例ですので、
親しみやすい事例だと思います。


事例Ⅱの注意点は・・・
1.設問、与件ともに読みやすく理解しやすいが、
  気を引き締めて取り組む
  ⇒対応が難しい事例Ⅰが終わり、
   みなさんもホッと一息つかれたと思います。。
   でも、そんな時こそケアレスミスが起こりやすいので、
   リラックスしつつも気を引き締めて
下さい。

    

2.最初の抜き出し系問題に時間をかけすぎない
  ⇒最初の抜き出し系問題は、
   一見すると簡単そうに見えますが、
   キーワードの選択、解答のまとめ方。字数調整など
   しっかり取り組まないと解答が書けません。
   ただ、配点がさほど高くない傾向ですので、
   
時間をかけすぎずに取り組んで下さい


3.キーワードの割り振りに細心の注意を払う
  ⇒事例Ⅱの場合、
   複数の設問で使えるキーワードが出てきます。
   (気づかず割り振ってしまう事もあるのでご注意)
   解答記述の際、使うキーワードを誤ると
   加点要素になりにくいので、
   キーワードの割り振りで迷った時は、
   設問要求や設問間のつながりを確実に確認して
   行って下さい。


4.新規事業は難しいが、対応できる。
  ⇒新規事業の問題は、将来に対する問題なので難しいです。
   しかし、
   新規事業は、内部環境(特に強み)を確認して、
   外部環境の機会(需要増加、注目度増加など)を見つけ
   機会(今後も含む)に対して強み(経営資源)を活用できる事業

   まず検討してみて下さい。

事例Ⅱが終わるとお昼休憩になります。
その際の注意点は、「事例Ⅰと事例Ⅱの事は考えない」です。
解答は提出済みなので、いくら考えても結果は変わりませんし、
終わった事例の事を考えてたら、間違いが見つかり焦る事もあります。

終わった事例の事は忘れて、
体や脳を休めたり、事例Ⅲ、事例Ⅳの復習をしたり、
午後の対応を行って下さい

みなさんの今までの努力は必ず実を結びます!
最後の最後まで気を抜かず、戦いましょう!べーっだ!

ニコニコプンプンガーンかおショック!しょぼんシラーむっにひひカゼラブラブ!べーっだ!得意げ


ACO・こまいこ・シュールM・ソムリエ・penkoお勧め

中小企業診断士&受験生の人気ブログ!!  

↓こちらでチェック↓

中小企業診断士同士の奮闘記

アクセス殺到! 資格でスキルアップを目指すなら

↓こちらでチェック↓

中小企業診断士でスキルアップ

タキプロブログを徹底解剖

↓こちらでチェック↓

タキプロブログを徹底解剖


ニコニコプンプンガーンかおショック!しょぼんシラーむっにひひカゼラブラブ!べーっだ!得意げ



皆様の応援がタキプロの原動力となります。  ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です