電卓の達人になろう!/マッサン

皆さん、こんばんは!

今回で4回目の投稿となる、タキプロ関東の50歳台後半、中高男のマッサンです。
初回の自己紹介の記事はこちら

最近、天気がぐずつくことが多くなりました。いよいよ鬱陶しい梅雨の始まりですね。一般の方は、どんよりとした空に気分も滅入ることが多いこの季節です。
でも、皆さんは、1次直前のスパートを駆けている受験生です。抜けるような青空だと、チョッと気分転換に遊びに行こうかとの迷いがうまれます。
そう、勉強にはベストシーズン、梅雨の到来です。窓から見えるアジサイを癒しに、もうひと踏ん張り、頑張りますか!

本題にもどります。今回もメインの勉強法は若手タキメンにお任せして、少し軽めの読み物的な内容です。嘘だよ、読んでみたけど軽くないし、文が解りずらい! 

マッサンが勉強する中で「使える・使えないなあと思った事」の内、今日は2次試験に向け、電卓の達人になろう!をお届けします。

電卓の達人ってどういう人のこと?

いまさら電卓ですか?と思っている人、中高年のそこのあなた、「何年、電卓を使っていると思っているの!」と怒っていませんか?
でも、使っているキーを思い出してください。【数字】【+】【×】・・・、時々【M±】くらいが、ほとんどの受験生だと思います。

「私は違います。会計士合格者で、特殊キー【GT】や【=の重ね押し】なんて普通に使っていますよ!」という方は、本日ブログのターゲット顧客ではありません。早速、ブログ村にポチだけして頂き、ブログから離脱して中小企業経営政策の単語暗記に走りましょう。

一方で、電卓の達人って、左手・ブラインドタッチの名人か?それも少し違います。診断士試験で電卓を叩くスピードは、ほとんど問題となりません。右手、雨降りタッチで十分です。
たとえ、本試験の隣席で、左手使いの電卓早打ち名人がいても全然平気です。簿記1級の試験ではないので、勝負はそんなところで付きません。

では、一体何に精通すればいいのか?それは、2次事例Ⅳのため、一部の特殊キー操作【M±】や【GT】等の達人になろう、が題意です。
「1次に電卓は使えないし、直前追い込み時期なのに、なんで2次に必要な電卓の叩き方の訓練なの?」と思われている人も多いと思います。
この時期に練習時間を捻出する必要はありません。仕事上で使うエクセル計算を、少し頑張って電卓を使って計算し、慣れるだけでいいんです。

後述は、事例Ⅳの出題における特殊キー操作の事例です。
電卓を手元に用意して実際にキーを見ながら、が解りやすいですよ。まだ、2次の勉強を開始されていない人も大丈夫です。まずは読んでみてください。

※なお、マッサンの使用していた電卓はシャープ製のため、キャノン製等では操作が異なる可能性があります。他にも便利な機能がありますので、取説に一度目を通しておくことをお勧めします。

経営指標分析には、メモリー【M】が便利!

事例Ⅳ経営指標分析で手間が係るのが、売上高総利益率・売上高営業利益率や、固定資産回転率等を求める時に、頻繁に登場する「売上高」の入力です。
いつも「売上高M+」で売上高を憶えさせ「総利益÷RM」と計算し、その後も「C、営業利益÷RM」、「C、RM÷固定資産」として、一連の「売上高」の数値確認や入力を省略していました。

【M】は損益分岐点分析や、NPV計算でも多用しますので、意識せずにキー操作ができる様になると良いと思います。

現在価値(NPV)計算に、グランドトータル【GT】を使う!

NPVの計算は、数年間等にわたる将来CF現在価値を合計することが多いと思います。この場合【GT】は大活躍します。
例えば、3年分の将来CFを計算する場合「1年目CF×1年目割引率=」「2年目CF×2年目割引率=」「3年目CF×3年目割引率=」とし、【GT】を押します。そうすると将来CFの現在価値が求められます。

NPV計算で、もう一つ有益な操作に【=重ね押し】があります。1年目の割引率から5年目の割引率を算出するのには「1年目割引率×、=を4回押し」で計算できます。

特殊なキーを使う効果は?

マッサンは会社で財務・経理マンです。なのに、解答の道筋はあっていながら、よく計算を間違えていました。その一番の原因が、問題文・計算結果数値から電卓への転記ミスです。

事例Ⅳは解答にたどり着くまでの工程数が、半端なく多いことがあります。
そのポカヨケ(間違いよけ)として、問題文や計算結果から電卓へ打ち込む回数削減と、打ち込む際の数値再確認の徹底をしました。
必須の課題であった回数削減のために登場するのが、特殊キーの有効利用だったです。

なんか、風が吹けば桶屋が儲かる様な話だなあ、だし、今回のマッサンの話はスマホで見るには解りづらいしそれと定番の「若手と差別化できる中高年唯一の強み・経済力の有効利用」も出てこないし。

【コーヒーブレイク】
ところで、私は受験2年目に入って早々、電卓がダウンしたときの保険として、T●Cで2台同じ電卓(ELSI MATE EL-G37)を買いました。そう大人買いです。
本試験にも、この電卓2台を持ち込みました。
実は、受験校で問題を解いている際中に、使い慣れていた電卓の表示が壊れてしまったのです。
それに、毎日持ち歩くのも面倒だし、機種が変わって操作が混乱するのがいやでしたから、基本、1台は会社に、1台は自宅に配備しました

明日の登壇は!

電卓だけでなく、自分に合うものを探し、シャーペンや消しゴム、定規、はたまた筆箱に至るまで、結構こだわりました。別にどうでもいことですけど、なんとなくお守りみたいな感じですかね。

ところで、明日は、タキプロの中で、もっとも若いブロガー外資系IT・育休明けママなかじーさんの登場です。お楽しみに!
========================

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

【メルマガの購読はこちらのページから】

========================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です