財務は率でなく額で解く

こんにちは、うめです。

今日は財務でこの考えを身につけるだけで、難問がみるみるうちに簡単になりますよ~というお話です。

これを読んだら、本番で財務の点数が4点プラスされるかもしれませんよ!

その考え方とは表題にも書きましたが、ズバリ「率でなく額で解く」ことです。

 

これだけ聞いても「???」な人が多いと思いますが、具体的には例えば

自己資本利益率が10%と与えられたとき、

自己資本の金額を仮に100と置いた場合、

自己資本利益率=利益/自己資本=1010010%

 

つまり、

自己資本=100  利益=10

と置き換えて解くということです。

この考え方が最大限に効く過去問をご紹介しましょう。

 

 

平成19年 第12問

次のA社の資料に基づき、下記の設問に答えよ。

株価純資産倍率(PBR)   配当性向     配当利回り

1.5倍         60%       4%

 

(設問1)

資料より求められるA社の自己資本利益率として最も適切なものはどれか。

2.4%  イ6%  ウ9%  エ10

 

(設問2

資料より求められるA社の株価収益率(PER)として最も適切なものはどれか。

4倍  イ9倍  ウ15倍  エ40

 

 

TAC過去問集によると、本試験時の正答率は

設問1:D2040%)   設問2:B6080%)

となっており、特に設問1は難問の部類です。

この形式の問題が出たら諦める、という方も多いかもしれないですね。

ですがこの問題、率ではなく額で解くと、赤子の手をひねるように簡単になります。

では実際に説く手順を見てみましょう。

 

①何が分かれば解答できるのかを確認

設問1:自己資本利益率=利益/自己資本なので、「自己資本」と「利益」の額がわかれば解答できる

設問2PER=株価総額/利益なので、「株価総額」と「利益」の額が分かれば解答できる

 

②自己資本の額を仮に1000とおく

 

PBR=株価総額/自己資本(1000)1.5倍なので、株価総額は1500

 

④配当利回り=配当総額/株価総額(1500)4%なので、 配当総額=60

 

⑤配当性向=配当総額(60)/利益=60%なので、 利益=100

 

ここで、解答に必要な「自己資本」=1000、「利益」=100、「株価総額」=1500 が揃いました。

設問1は、自己資本利益率=利益/自己資本=1001000で、「エ10%

設問2は、PER=株価総額/利益=1500100で、「ウ15倍」

が正解になります。

正答率がDBと思えないほど簡単に解けました。

 

今まで率で解いていた人、桁を誤ったり、正解を導けても途中で頭が混乱したりしてませんか?

率をこねくり回して解くと、ミスが誘発されやすくなります。

ちなみに、仮に金額をおくのは基本的にどこでもいいですが、これまでの過去問では自己資本を1000とおいておけば全て解けます。

金額は10でも100でも1000でもいいですが、小数点が出ると計算をミスりやすいので1000とおいています。

 

この考え方は他にも、CVP分析、WACC算出、CF計算なんかにも応用できますよ。

 

 

明日は、さわみーさんです。

========================

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

【メルマガの購読はこちらのページから】

========================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です