【テーマ別】事例Ⅳ(財務・会計)の特徴 (中小企業診断士試験、簿記、過去問、事例4)


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅳテーマ一覧 事例Ⅳ全般


事例Ⅳ全般について


(事例の特徴)

■事例Ⅳの特徴(全体)

 事例Ⅳを苦手とするかたへ


■経営分析は毎年出題されています。

 でるのが分かっているならば、対策をとりましょう。


■個別の計算問題の指示が曖昧、CVPについて

 配点は高いのに点数が取りにくい理由


■限定的な論点が繰り返し出題されています。

 得点するためには、説明できるレベルの理解が必要です。


■個別問題と経営分析の関連性

 近頃の出題は連動しているケースが多いですね。


■計算問題は1次の知識で解けます。

 1次合格レベルであれば充分対応可能です。でも。。


■財務でも情報、法務の問題がでます。

 1次試験の知識がこんなところで試されるとは。。。


■経営分析の根拠は問題文中にある

 問題文がわざわざ付いているわけですから、そこにヒントがあります。


■財務諸表が出題されます

 B/S、P/L、C/R、CFは完璧にマスターしておきましょう。 


■他の事例と比べ知識問題の比率が高い

 知識力が点数を分ける可能性が高い事例です。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅳテーマ一覧 事例Ⅳ全般

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です