診断士:2次試験 80分の解法フロー ver8


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次2次試験全般のテーマ一覧 >キーワード盛り込み方法

みなさん、こんにちは!
昨日のソフトバンクの負けがとても悔しい
九州の診断士@タキプロです。

本日は、解法シリーズの第8回目

解法フロー キーワードの割り振り ver2
についてお伝えいたします。

早速、昨日のおさらいから、
キーワードの割り振り」は、
与件文分析が終わったあと、
ラインを引いたキーワードを各設問に振りかける作業です。
詳しくは「キーワードの割り振り」

 

その際、皆さんのなかで、
与件文を1度読んだくらいでは、
各設問にキーワードを割り振れない
と思われる方も
いらっしゃると思います。

そういう私も最初から割り振れませんでした。

「えっー!このキーワード、第2問でも使えそうだし、
 第3問でも使えそう!?」
「わぉ!このキーワード重要そうだけど、
 どの設問で使うか?わからない!?」

ってな具合に・・・

そんな時は、どうしていたのか?

それは・・・「☆」をつけるです!
(決してロマンチストではありません)

どういう事かというと、

このキーワードがどの設問で使うか?わからない
 ↓
わからないという印をつけて、あとで考える
 ↓
後で設問を考える際に、「☆」をチェックする

というフローになります。

私自身、この「☆」印はよく活用したました
難しい問題になればなる程、
与件文分析にせよ、キーワード割り振りにせよ
最初から簡単にできなかったからです。

難しい設問の場合、
残り10分ぐらいに「☆」を確認や
設問の全体の流れを確認していると
解答内容を見つけ出す事もよくありました。

皆さんも是非一度トライしてみて下さいべーっだ!


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次2次試験全般のテーマ一覧 >キーワード盛り込み方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です