診断士:2次試験 直前期の過ごし方 その2


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

みなさん、こんにちは!

今週末を楽しみにしている

九州の診断士@タキプロです。


本日、直前期の過ごし方シリーズ
第2回、「
直前期の勉強方法(ストレート生編)ビックリマーク
お伝えいたします。


先日の記事で
ストレートの方は、
ご自身の80分の解法フローを徹底的に固める事を
心がけて下さい。
とお伝えしました。
詳しくは「直前期の勉強方法」


1次試験後の2ヶ月半という短い間での受験対策では、、、

・設問要求解釈
・与件文分析
・解答記述 
  などなど


全体的に事例問題に慣れ、
柔軟に対応できるようになるには
時間が足りない思います。
(もちろん出来る方もいらっしゃると思いますが)


私自身も1年目は、
なんとなく事例の解き方がわかった。
なんとなく80分の解法フローがわかった。

という状態で本試験を迎えました。

それでも本試験前の模試で合格圏内に入り、
この勢いでストレート合格するぞと意気込んでました。


しかし、そううまくはいきませんでした。


本試験当日の事例1で
緊張や焦り?から
日頃やらないようなフローで問題を解き、
解答2行全消しという無駄な事をやってしまいました。
結果的にも自分が納得する解答を書く事ができませんでした。


今の自分が、
受験1年目の自分にアドバイスできるなら、
まず自分自身の80分の解法フローを徹底的に固める事!
と伝えます。


理由は、
解法フローを固める事により、
緊張していても自分をなんとかコントロールでき、

結果的にアウトプットが安定するからです


もう直前期です。

本試験をイメージした勉強を心がけてください!べーっだ!


ニコニコプンプンガーンかおショック!しょぼんシラーむっにひひカゼラブラブ!べーっだ!得意げ


ACO・こまいこ・シュールM・ソムリエ・penkoお勧め

中小企業診断士&受験生の人気ブログ!!  
↓こちらでチェック↓

中小企業診断士同士の奮闘記

アクセス殺到! 資格でスキルアップを目指すなら

↓こちらでチェック↓

中小企業診断士でスキルアップ

タキプロブログを徹底解剖

↓こちらでチェック↓

タキプロブログを徹底解剖


ニコニコプンプンガーンかおショック!しょぼんシラーむっにひひカゼラブラブ!べーっだ!得意げ



皆様の応援がタキプロの原動力となります。  ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です