【2次挑戦者向け】案ずるな受験生!どこよりも早い(かもしれない)口述試験の話【ぱくさんの知的根性論#20】


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

Bostonのタキプロ事務局大本営から、
「今日は2本、記事を書け」
って有無を言わさない感じで言われたので、本日2本目です。
(注1)



ぱく@タキプロ7期の鬼参謀です。

繰返しになりますが、2次筆記試験受験、大変お疲れ様でした。


図表0_new

前回に引続き、d)、e)の方に向けたお話になります。

題して
「案ずるな受験生!どこよりも早い(かもしれない)口述試験の話」。

試験を受けてから、合格発表までの今みたいな期間は、
野球で例えると、

「外野に大飛球が上がったけど、
スタンドインするかどうか、打球の行方を見守っている」

みたいな、ハンパな時期ですよね。

ソワソワとワクワクが半々の
気持ち悪い時期ではないでしょうか。

前の記事で「とにかく休むべし」とか書きましたが、
そんなこと言ってもそこは人間。

試験期間にできなかった憂さ晴らしを一通り終えると、
やっぱり試験のことが気になっちゃうんですよね。

わかります。私も味わいました。

さて、そんな空白期間に私が思い至ったことは、
「いっそ筆記試験に受かったということにして、
合格後のことをいろいろ調べてやろうじゃないか。
そして、何をしようか妄想しようじゃないか」

こんなことでした。

ところで皆さん、12月の合格発表の後
…もちろん、歓喜の合格発表の後ですよ?

何をするか考えていますか?

…ええ、そうです。

残念なことに、
2次試験はまだ終わっていません(汗)

いうまでもなく、口述試験が残ってるんですね。

そんなわけで、合格発表後も気が抜けないんですよ。

とはいえ、皆さんも知っての通り、
口述試験は「例年99%くらいの人が合格する」試験です。

筆記と違って、基本的には通る試験なんです。

これもよく言われることですが、
絶対押さえておくべきことは次の2つだけです。

1)時間通りに試験会場に行く
2)試験で日本語を喋る(笑)

これだけ。ほんとにこれだけやれば受かります。

ベシャリが仕事たるコンサルの国家資格なのに、
口述がザルってのはいかがなものかと思いますが、
とにかくそんなんで受かってしまう試験です。

本格的な対策は、
合格発表後で十分間に合いますのでご安心を。



さて、ところがですね。
この「2)試験で日本語を喋る」は
何の対策もしないと、意外とできません

・落ちたら「筆記からやり直し」という純然たる事実
・土壇場中の土壇場な、試験会場の異常な緊張感

普段から、
仕事等で話し慣れてる人であっても、結構難儀なものです。
喋り慣れてない人はなおさらですよね。

そんなわけで、私は皆さんに、以下をお勧めします。
もちろんしっかりと休んだ後で構いませんが

・事例と模範回答をもう一度見直す
・複数の(注2)受験機関の口述対策会を受講する



口述対策会は、特に初めて受講すると、
「妖怪・うまく喋れない」に遭遇すると思います。

意外と試験の専門用語って、
口頭だと説明できないですからね。(注3)

「事例Xの~~についてどう思う?」とか聞かれて、
その時に事例の内容をど忘れしてたりすると、目も当てられません。

なので、試験問題の見直しは必須です。

加えて、筆記試験で出てきた用語も抑えるのを忘れずに。どうぞ。
(注4)



あと、口述対策会の効用はもう一つあります。
それは「良質なカンペ」がもらえるということ。

ヒネた試験委員に意地悪な質問をされても、
これで対応できる…はず。

たぶんたしかきっと。



あと付け加えるなら、
経験者のブログをあさってみるとかですかね…。

私もプライベートブログで書いてたりするんですけども。
よかったらご参考にどうぞ。



なお、タキプロでも口述セミナーを例年通り開催する予定です。
(注5)

日程は調整中ですので詳細はいずれ。
…皆様、是非いらしてください。



<今日の名言>

「的確な弾丸よりも鋭い弁舌のほうが強い。」
(byビスマルク)

思いの丈を言葉に乗せて、面接官にぶちまけられる日が、
受験生の皆様に訪れますように。

次回は、更に妄想を膨らませてみましょうかねえ。

Enjoy!

<注>

1、あ、ちなみに「Bostonの~」の下りは全部嘘です。てへぺろ。
2、3つくらいが目安でしょうか。
3、でもまあ、2~3ベンもやれば感覚はつかめると思います。言葉でコミュニケーションって、普通は誰しもやってることですので…。
4、去年でいえばPBとNBとかね…。私は頭から吹き飛んでましたけども
5、私も去年参加して大変役に立ちました。皆、セミナー会場で逢おうぜ!

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です