【まいど!関西です。】診断士になって得たもの


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

みなさん。こんにちは!

タキプロ関西7期さやです。

自己紹介の記事はこちら、これまでの記事はこちらをご覧ください。

さやタキプロブログも今回で最後になります。拙い文章を読んで下さったみなさま、今まで本当にありがとうございました!

それでは、早速本題に。

今回のテーマは、診断士になって得たものです。

 

私は、一昨年の2月に急に思い立ち、中小企業診断士の勉強を始めました。

きっかけは「自己研鑚」でした。

これまで仕事で得てきた知識や経験を体系的に整理して、今まで以上に仕事を円滑に進めるようにすることが一番の目的でした

(言い方は悪いですが)その程度の軽い気持ちで踏み込んだ世界。

しかし…。

中小企業診断士の勉強中、そして合格後に “私が得たもの” は、当初に考えていたよりも『とても大きく意義のあるもの』でした。

さやが、診断士になって得たもの(一部抜粋)

1.自分の無知さ加減に気が付いた

2.本当にやりたい仕事と未来のヴィジョン

3.自信と度胸

4.素晴らしい出会い

1.自分の無知さ加減に気が付いた

(Before)勉強を始める前の私は、社会人経験がある程度長くなってきたことで、新人の頃のように「もう何をどうして良いのか全く分からない」ということが無くなったと思っていました。

トラブルが起こっても上司に報告・連絡・相談した上で、自分なりの解決策を見出せている、そしてほとんどの仕事に適切に対応できていると思い込んでいました。

(After)しかし、中小企業診断士の勉強を始めて気が付きました。いかに、自分が無知であったかを。

世の中には、もっと上手くできる方法論やフレームワークがあって、自分はそのほんの一部すらも習得できていなかったことに愕然としました。「知っている」のと「実践できる・スラスラ人に説明できる」は大きな違いです。私は、これまでの経験や会社で定期的に受けていた研修などのお陰で、知っていることは相応にありましたが、習得できているレベルではなかったのです。OJTを離れて、一度Off JTに集中することで、上記に気付くことができました。

また、自分には思考の癖があって、真の意味で論理的でないことも分かりました。

慣れ親しんだ仕事の中では、上手くいくことが当たり前で分からなかったのですが、新たに挑戦した診断士のフィールドを通して世の中を見た時に、自分なんて本当にまだまだなんだなと思い知ることができたのはとても良い経験でした。

 

2.本当にやりたい仕事と未来のヴィジョン

(Before)大学新卒で銀行総合職となって、気が付けば10年。

目の前の仕事に全力で取り組んできました。自分が入りたくて入った会社で不自由なく過ごしてきました。でも…。だからこそ…。他にも道があることに目を瞑って、ここまで来てしまいました。

(After)診断士試験に合格し、同期も先輩も多くの人が本当にやりたいことのために診断士になるのを目の当たりにして、自分もようやく目を開いて違う道にも目を向けることができるようになりました。

これまで自分は「そんなに先のことなんてどうなるか分からないんだから、今の仕事に一所懸命取り組もう、今を楽しもう、今何が出来るか考えよう」としていました。

ですが、診断士資格に出会い、1年後・5年後・10年後に自分がどうなっていたいかを具体的に描くことができるようになりました。

冒険をすれば、目の前にある「安定していて・分かり易い」価値は無くなるけれど、それでも本当に自分がやりたい仕事を選ぼうという勇気を持つことができました。そして、今まで何となくしか描けなかった未来のヴィジョンを描けるようになりました!

何より、私にとっては診断士としての活動は楽しくて仕方がないものでした。だから、仕事でどんなに疲れていても、睡眠不足でも、セミナーの準備やブログを書くことができました。

これらの経験を通して、新しい道の光が少し見えました。本当にみなさんのおかげです。ありがとうございます!(まだ、正式にご報告できるレベルにないので曖昧な表現になりますが、近い内に新天地に飛び出せればと思っています)

 

3.自信と度胸

(Before)実は私、根は暗くてスーパーネガティブです。

(After)ですが、自分で期限を決めて「絶対に診断士試験にストレートで合格する!」との強い想いを持って試験に臨み結果を出せたことで、少しだけ自分に自信を持つことができました。

その自信を持って「タキプロ(セミナー・勉強会・ブログ)」や「ふぞろい(執筆・ブログ・セミナー)」「売れプロ(プロコン塾・セミナー・実務実習)」での経験を通して、人前(社外)に出る機会が急増し、度胸を付けることができました。特に、タキプロ関西7期の全てのセミナーで司会を担当させてもらったことが大きかったです。

今では、どこに行っても「さやはスーパーどSだから」と言われます(ホントは違います)。そう見えるくらい、自信と度胸が身に付いたんだ!と前向きに受け取っている今日この頃です。

 

4.素晴らしい出会い

(Before)元々まあまあ活動的で、人との出会いも多い方だと思っていました…。先ほどの根暗の話とは多少矛盾しますが。笑。

(After)が…。診断士の勉強を始めて(特に)合格してからは、本当に沢山の人と出会う機会に恵まれました。既に独立して活躍されている先輩・企業内でバリバリ活躍している先輩・志が高い同期と出会えて生活が一変しました。

Facebookをちょっと見れば、出会った人たちの活躍が常時フィードを占拠しているような状況。例えば、診断案件・執筆案件・セミナー登壇など。加えて、みんな本当に読書家で、おススメの書籍がドンドン出てくるので、読みたい本が多すぎて困りものです。

タキプロのメンバーも然り。1期から6期の先輩はもちろん、7期の同期からは関西だけでなく全国各地から刺激を受けることばかりです。

そして、タキプロ8期もきっと☆今後の8期メンバーによるブログもお楽しみに!!

本日はここまで☆ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

そして、これまでブログをお読みいただいたみなさま、本当にありがとうございました!

このブログに登場するのは、おそらく最後になるかと思いますが、これからは診断士仲間として、(これから受験される方は来年以降の診断士仲間として)今後ともお付き合いできればと思います。

もしどこかでこの顔↓を見かけたら、是非お声掛けください!みなさまにお会いできるのを楽しみにしています(^^♪

おそらく、どこに行ってもさやと呼ばれていると思うので、もしこの名を聞いたら是非話し掛けてください!

それでは、またいつか☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です