2次試験の勉強方法【設問要求解釈訓練】


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

タキプロ九州メンバーの頼もしさグッド!を強く感じている
MR.CBR@タキプロです。
本題の前に・・・
1次試験の戦略ですが、私の場合はズバリ7科目受けて435点とるビックリマーク
でした。なぜならば、自分の苦手な科目むっである法務、経済、財務を
残してしまうと、翌年の難易度が上がったアップ場合、60点を確保する
のは難しいと考えていたからですガーン
幸い、7科目で431点でからくも合格得意げしましたが、不合格の場合は、
翌年も7科目再び受ける気でいました(これは私の戦略です)。
1次試験の戦略、もう一度よく考えてみて下さい。
タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!-受験生
では本題。
前回、設問要求解釈訓練についてなぜそれが必要かを中心に
お伝えいたしました。
今回は、設問要求訓練を具体的にどう実践すればよいかはてなマーク
この点をお伝えいたします。
まずは事例の設問要求に対して、
1 何が問われているかはてなマーク
2 制約ははてなマーク
3 重要なキーワードは
はてなマーク
上記3点を確実におさえることです!!
H21事例Ⅲの第4問を例に解説致します。
 C社の自社製品は見込生産であり、現在製品化を進めようとしている
OEM製品は受注生産である。C社の見込生産と受注生産の違いを、
重視すべき情報と管理ポイントの視点から80字以内で述べよ。
1 何が問われているかはてなマーク
→C社の見込生産と受注生産の違い

2 制約ははてなマーク
→①重視すべき情報の視点
→②重視すべき管理ポイントの視点
→③80字以内で述べる
3 重要なキーワードははてなマーク
→①現在:時間軸的に今のことを指している
→②OEM:特徴、メリット・デメリット
→③見込生産:特徴、メリット・デメリット
→④受注生産:特徴、メリット・デメリット
これを最初は面倒でも書き出してみて下さい。
大事なことは、重要なキーワードの中で頻出論点キーワードカギ
(上記でいと②、③、④)から特徴メリット・デメリット
想起すること。いや、想起できるようになることビックリマーク
最初は書き出すのがベター。
まずは時間を気にせずにやって見て下さい。
なぜ想起できることが重要なのかはてなマーク
そう。それは次工程の『与件文読み』に繋げるためです。
この点は次回のブログで紹介致します。
勉強仲間がいる場合は、各自で行った要求解釈をディスカッション
するのも効果的ですグッド!
この訓練になれてきたら、精度を落とさずに時間短縮砂時計にチャレンジ
してみて下さい。個人差はありますが、だいたい5~7分ぐらいまで
短縮できると思います。
大事なことは、目的と目標を持って繰り返し訓練を続け、自分の型
作っていくこと。
ファイトだ受験生、タキプロは燃える受験生メラメラとともにありますビックリマーク

あのタキプロがホームページを開設したらしいぞ!!
↓↓タキプロのホームページ(画像をぽちっ)
タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは、一味違う情報配信してますプレゼント 気になる方はコチラ グッド!

==========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。   ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です