コンプレックスと見栄の塊@NOB 2次試験敗退後にしたこと


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

みなさん、おはようございます!月曜隔週担当のNOB@タキプロ7期です。

私の自己紹介はこちら。前回記事はこちら

 

今回は私が初年度2次試験敗退後にしたことを共有します。敗退後全くやる気もなく、1月中旬くらいまで何も勉強しなかった私が唯一した事は、

「何かやる気にさせてくれる物や人はいないもんかねぇ。。。」

とコンプレックスと見栄の塊である私は、完全に他責モードであり、いろいろ診断士関連の本を読んだり、セミナーばかり参加してました。要するに暇を持て余すという状態です。。。笑

 

ただいろいろ試験勉強中(特に2次試験のみ学習していた8月~10月まで)には、知りえなかった情報がいっぱい蓄積されてきました。

・診断士2次試験は大学の先生が問題作成しており、本や論文が非常に参考になる??

・実際に平均点は20点~30点くらいで、合格者が1000人前後になるように係数を掛けて得点調整している??

・実際には2次試験の採点期間は1カ月程度しかなく、約5000枚の採点を真面目にすると1問あたり、10秒程度しか読まれる時間はない?

・やはり個人の凝り固まったロジックを補正できるのは、解答を他人に見てもらうしかない??

(※もちろん上記は全て仮説なので、正しいかは不明です。)

 

こうやっていろいろやってみると自然と、

「あぁ~あのときはこうしとけばよかったなぁ。」

「あ、実はあのやり方は合ってたんだ。」

「うわー。全然的外れっぽいことしてる。。。悲しい。」

など思えてきて、次にやることはこうしようと、だんだんやる気というか、2回目の試験はこうしたらいけるんじゃないか、と前向きな気持ちになってきました。

 

<最後にお伝えしたいこと>

診断士試験は非常に長丁場で大変です。特に合格率は4%前後であり、また多年度受験生もいるため、なかなか合格に手が届きにくい状況です。そんな中やっていくためにも、

「試験対策の情報収集を怠らないでinputを増やそう!」

inputを増やせば、何をoutputすればよいかが自然と見えてきますし、迷った時の選択肢が増えるので、試験対策を行いやすいです!タキプロ勉強会に来れば、もっといい情報が手に入るのでは??

 

今週も頑張りましょう!

 

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です