政治局長のブログ#8 「科目免除」・・した。しない。


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

政治局長@タキプロ6期 隔週で火曜日(夜)。8回目の登場です。

既に1次試験も申し込み終了ですね。今回は「科目免除」について書きます。「免除するかどうか」ではなく、免除したとき、しなかったときの双方についてです。

ポイントは
 ・(受験したとき)爆発的高得点は狙わない
 ・(免除したとき)免除で生まれる時間活用を計画に織り込む

です。

 

僕は「経営情報システム」の免除資格を持っていました。そして、何回か受験した1次試験で「経営情報システム」免除したり、受験したりと双方を経験しました
どちらのケースでも1次試験合格を経験しています(「ふりだしへ戻る」経験組なので)。以下は「経営情報システム」の受験・免除体験に基づいています。

 

 ■(受験したとき)目標得点は80点としました

 

80点以上を取ることは困難と考えました。当たり外れの大きい科目特性上「深追いは無駄」と判断したこと。そもそも、現役技術者でなくなっていたので、最新技術については十分にキャッチアップできておらず、実力もイマイチだったこと。が理由です。

 

取り組んだことは、TAC「スピード問題集」の繰り返しです(例によって問題編と解答編はバッサリ割って)。これに絞り混みました。分野ごとにまとまって書かれているため、問題を解きながら頭の中が整理できる。ボリュームが多すぎないことが魅力でした。

幸い、不案内な分野ではないため「分野ごとにまとまって書かれている」ものを読むとかなり知識の整理になります。そして、「深追いにならない」ボリューム・・・僕の狙い通りの受験ツールでした。

特にこの科目については「バラツキ幅が大きい過去問」に深入りするのは危険です。(IT業界の人でも)迷走して時間を浪費する。あるいは、変な自己満足で終わる。というリスクが出てくるからです。

結果無事80点を取れました。

 

 ■(免除したとき)使える直前時間の活用を織り込んだ計画をたてました

 

「経営情報システム」を免除するとこの科目の60分、お昼休みの60分、という直前120分が最後の「中小企業経営・政策」のために使うことができます

詰め込み系である「中小企業経営・政策」の直前120分は(食事があるとは言え)大きな時間です。この120分を織り込んで、前日は「経営法務」に7割強の時間を割く計画を立てました。そして、それを実践。経営法務も詰め込み系なので、試験二日目への追い込みはかなり効果が出ました。  

 

2015-05-31 08.42.15

 

 

====================

タキプロ絶対合格 2015年<6月>セミナー

模試との付き合い方 教えます!!

第二弾のテーマは「模試120%活用法」

開催日:2015年6月20日(土)

時間:14:00~17:00 (13:30開場)

場所:小岩区民館

詳細・参加申し込みはこちら

====================

タキプロ勉強会のお知らせ

タキプロでは各地域で勉強会を開催中。

詳細は勉強会お知らせ(東京)まで
地域をクリックするとジャンプします。

====================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です