独学者向け勉強方法【14回目】 やすたか@タキプロ7期


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

こんにちは、14回目投稿の隔週火曜日担当 独学者向け『やすたか』です。

 

早速本題に入ります。

今回はどのような人が2次試験に合格するのか考えます。

それでは、2次試験合格に必要なスキルを身に付ける成長過程を学習曲線で説明していきます。

学習曲線は皆さんご存知の通り、生物学の成長曲線とも言われる、右上がりにS字カーブを描くもので、人が何かを身に付けるときに例外なく現れる曲線です。

 

この学習曲線を3つのフェーズに分けて考えます。(いつものごとく、私が2次試験の学習をしながら経験した事を土台にしています。)

 

【フェーズ1】 2次試験初心者レベル(知識レベル)。

・1次試験終了後から2次試験の学習を始める。

・何から勉強していいか分からない状態からスタート。

・全知識、全ノウハウを取りあえず読み始めて、読み終わるころに何となく試験の概要が分かってくる。

・ふぞろいな答案分析の解答・解説を読んで何となく解答の書き方が分かってくる。

与件からキーワードを抜き出す試験だと考えるようになる。

・設問によっては何を問われているか分からないものがある。

・このレベルでの合格は難しい。

・ここまでの期間:1次試験終了後、約1ヶ月。

 

【フェーズ2】 一般レベル(応用レベル)

・過去問を繰返し練習することで、設問と与件の結びつけが分かってくる。

題意を大体掴めるようになり、何を書いていいか分からないと言いうことは無くなる。

多面的な切り口で考えることができるようになり、指定文字数に合わせてかき分けられるようになる。

事前に考えた解答パターンを設問に合わせて当てはめることも試してみる。

・2次試験対策を真剣に取り組んできた受験生の平均的なレベル。(平均点レベル)

・当日の運が良ければ合格できるが、運が悪ければ数年に渡って2次試験に挑戦することになると考える。何が本当の答えかは分からない状態。

・ここで学習高原(壁)に陥る

・ここまでの期間:1次試験終了後、約1ヶ月半。

 

【フェーズ3】 熟練レベル(自動化レベル)

学習高原(壁)を乗り越え、今まで身に付けたスキルを統合することにより、新たな成長を実感する。(※具体的には下記参照)

・1次試験のフレームワークを使って与件と設問の分析が20分ほどで出来るようになる(SWOT分析、アンゾフの成長戦略、PPM、競争戦略、価値連鎖、5フォース、4P、製品ライフサイクル、イノベーションの類型、M&Aの形態、競争地位別戦略、STP、ブランド、消費財、購買特性、産業財プロモーション、組織論、人的資源管理、QCD、4M、生産形態、生産方式、生産計画・統制、財務分析、管理会計、切り口のメリットデメリットなど)

・与件と設問を分析して、根拠のある解答を自信を持って書ける状態。

・参考書の模範解答を見て、分析不足の解答や論理的におかしい解答を見つけられるようになる。

・過去問を繰返すことで、自分の思考プロセスを成長させながら前よりもレベルの高い解答を書けるようになる。

80分で100%の力を出し切れるようにする。200分考えてもこれ以上の解答は書けないというくらい思考スピードを上げる練習をする。

・1つ1つの分析を意識しなくても自動的に並行して出来るスキルを身に付ける。

・高い確率で合格できるレベル

・ここまでの期間:1次試験終了後2か月後~2次試験直前まで

 

このように大きく3つのフェーズに分けて学習しました。

実際のところ試験当日のレベルは【フェーズ2】から【フェーズ3】に向けて練習を繰り返していた状態だったのですが、時間不足の為、スキルとして完全に身に付けることは出来ていませんでした。

自働化まではいきませんでしたが、試験本番では一つ一つ考えながら80分で100%の力は出し切りました。分析の浅いところや計算ミス等があったので合格の手ごたえはなかったのですが、結果として合格していたので方向性としては間違っていなかったと思います

 

※学習高原(壁)の乗り越え方

過去問を繰返して深く思考し、洞察力を働かせてなぜそうなるのか考え抜き、知覚したものをまとめて意味を引き出し、要素を整理・分析・統合し、問題を構造化する練習をする事により思考プロセスを成長させました。

人によっては初見問題を沢山解くことで壁を乗り越えた方もいるでしょう。また、国語力を伸ばして分かりやすく書くことを目指した方もいるでしょう。ここがゴールだと考えて、これ以上はセンスの問題だと諦めた方もいるでしょう。

 

学習高原(壁)を乗り越える手段は人によって違います。共通するのは、諦めない人が乗り越えて成長できるということです。

過去の2次試験勉強方法、4回目ブログ11回目ブログ12回ブログ13回ブログも参考にしてください。

 

 

タキプロブログの最後に格言を書くことが流行っているようなので1つ。

「最大の栄誉は、一度も失敗しない事ではなく、倒れるたびに起き上がることである」(イギリスの詩人、オリヴァ―・ゴールドスミス)

 

毎回ブログで偉そうなことを書いていますが、このブログを見てくださっている方に本当に合格してほしいと思っています

2次試験で毎年20%前後の方が合格していますが、知らない人が合格するよりタキプロブログを見て合格してくれる人が増えるほうが嬉しいからです。

私は独学だったので勉強仲間がいません。このブログを見て合格された方がいましたら、合格後は診断士仲間になって欲しいと思っています。

受験生の中には実務能力が私よりずっと高い方もいらっしゃるでしょうから、私の実務能力不足を補ってくださるような仲間になってください。

 

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です