予備校の解答例は見ますか? 【しょぱん】


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

こんにちは 火曜日隔週担当のしょぱんです。

 

一昨日の2次試験は本当にお疲れ様でした。緊張や興奮も冷め、今は解放感に浸っていることと思います。遊ぶなり・ノンビリするなり自由時間を満喫してください。ちなみに私は、この時期は試験勉強で見れなかった映画を見ていました。今夏は「シンゴジラ」や「君の名は」など話題作が多かったですね。今から映画館に足を運ぼうと思っている方は公開期間の事前調査をお忘れなく(シンゴジラは今にも公開終了しそうです)。

 

さて、いつまで完全オフモードを続けてよいのでしょうか。私は11月から少しずつ口述対策をしていましたが、12月まで何もしなくて大丈夫だと思います。口述対策は12月初週に与件を暗記して、合格発表直後のタキプロセミナーに来れば大丈夫でしょう。また、来年に向けての勉強が必要だと思う方も11月は休んでもよいのではないでしょうか。2次の結果が出ないとやはり勉強する気にはなれませんよね。

 

合格発表までの約50日、2次試験の結果が気になって仕方ないという人は多いでしょう。そういう人は予備校の解答例を見たり、本試験分析会に顔を出しても良いかもしれません。事例毎の予想獲得得点が少しは見えてくることで、モヤモヤ感が和らぐかも知れません。

ちなみに私は、毎年解答例を見て発表日に向けて覚悟を決めていました10月24日その1

 

また、1度は分析会や口述セミナーに顔を出しました。10月24日その2

(※口述セミナーは、受かったと思う人が参加する場だと推測)

 

私もそうでしたが、最初のうちは解答例を見るのが怖いと思います。(特に白黒がはっきりする事例Ⅳ)。解答例を見ないまま発表を迎えようと思った年もありました。でも試験から2週間くらい経つと不思議と解答例を覗き見したくなってくるのですね。そして覗き見すると、どうしても自分の答案と比較したくなります。その時のことを考えると再現答案はあった方がよいと思います(特に事例Ⅳ)。

 

本当に2次試験お疲れ様でした。

 

 

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です