試験会場でも使える気持ちの落ち着かせ方 ゆっきー


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

こんにちは!ゆっきーです。夏本番、毎日暑いですねー。今年の夏は例年に増して暑い7月だった気がします。

そして来週末は、いよいよ1次試験ですね。勉強法、試験会場での諸注意など、1次試験のノウハウはタキメンがいろいろアドバイスしています。こちらのリンクで、これは!と思うものチェックしてみてくださいね。

今日はいかに試験で実力を発揮するかについて、書いてみたいと思いまーす。先日ちらっと読んだ「図解マインドフルネス※(株式会社医道の日本社)」に「いかに試験で実力をはっきするか」という項目があって、きっと受験生の皆さんに通じるものがあるかなって思い紹介しますね。

(※マインドフルネス:「幸せ」に対して心を集中させることで、人生を変える手段。瞑想を通じて、良い経験にも悪い経験にも最大限に集中するという科学的な方法)

7/11呼吸法:この呼吸法は試験が行われる教室についた後でも実行することができるリラクゼーション法です。吸うときよりも長い時間をかけて息をはくことで、身体を自然とリラックスした状態にすることができます。

この呼吸法を実施する場所の例として、テスト勉強中の定期的な休憩時間、ストレスや不安を感じた際の応急処置、試験問題に回答する直前の一息、試験直後のリラクゼーション。

  • 椅子に背もたれに触れないようにして、まっすぐ座り、足を床にしっかりつけ、手のひらを自然に膝に置く。顎を引いて自然な状態に、頭は優しく引っ張られているように。もちろん目はつむって。
  • 心の中で7秒数えながら、可能な限りゆっくりと鼻で息を吸い込みます。
  • 心の中で11秒数えながら、可能な限りゆっくり口から息をはきだします。
  • 約5分間このリズムを保った呼吸を続けましょう。もし時間が迫っているなら、たった2.3回でも効果があります。

そして、試験前に自分自身に断言する。「時間内に最良の解答用紙を作ることができる!」

どうです?簡単でしょう。椅子に座って、目をつむって、ゆっくり呼吸するだけ。やってみると案外気持ちいいので、仕事や家庭などほかにも応用できそうです。そして、最後はそうです。「できる」「できる」「できる」って強く思うことです。自分を信じよう。

タキプロは、いつでもみなさんを応援しています。

明日は、「とまとりんごさん」の楽しいブログです。さあ、どんな話題でしょうか?

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

【メルマガの購読はこちらのページから】

========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です