2013年合格に必要なこと(3) 2次試験が気になる


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

おはようございます

破れ障子@タキプロです

 

受験校の授業スケジュールだと、そろそろ1次試験の大きな山場、財務・会計が大詰めの時期
できれば、財務・会計は得意科目にしちゃいましょう

 

さて、「ストレート合格に必要なこと」3回目は、気になる2次試験対策についてです

 

2次試験対策は問題を見てみるぐらいで良い(特に事例Ⅳ)

突然ですが、2次試験の問題を見たことがありますか?

1次の勉強だけでも大変なのに、そんな余裕ない!って方も多いと思いますが、1次2次両方受からないと診断士にはなれません。

2次試験は、1次試験に受かった人の中での合格率が20%という難関試験。先に何が待ち受けているのか不安な状態だとモチベーションも下がるので、今の時期から2次試験の問題に軽く目を通してみましょう

 

特に、他の科目と違い、財務・会計事例Ⅳは比較的問題の形式が近い(計算問題の割合が大きい)ため、1次と2次の学習に親和性があります。

 

試しに、「診断士 2次試験 過去問」で検索して、最近の事例Ⅳを見てみましょう

 経営指標キャッシュフロー損益分岐点分析正味現在価値・・・

どうでしょう?今勉強している財務・会計の知識を使えば、意外と解けそうな気がしませんか?

 

こんな感じで、1次で勉強した知識を活用して解くのが、2次試験の事例です。財務・会計が得意な方は、試しにちょっと解いてみては?

 ※事例Ⅳ以外でも1次知識を活用しますが、問題形式がかなり違います。
  今は深入りせずに軽く読んでみるぐらいで十分だと思います。

 

ただし、1次に受からなければ2次は受けられません。今は何より1次試験の7科目の勉強が最優先。そろそろ1次の過去問にも手を付けつつ、勉強の合間の気分転換に2次試験の事例も読んでみてください。

 

それでは、また来週!

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です