企業経営理論のマーケティングは重要なカタカナをしっかりと覚える


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

こんにちは。これから娘と出かけることになりました。勢い系ストイック診断士@タキプロです。

本日、5つ目の話題は、カタカナ攻略法です。

(本日の第1弾)

企業経営理論のサブノートは過去問ベースで作る!企業経営理論の点数アップ学習法

(本日の第2弾)

中小企業診断士試験の根幹『企業経営理論』を絶対得意科目にする勉強法(学習領域)

(本日の第3弾)

参考書で覚えた企業経営理論は使えない。中小企業診断士試験用の学習方法(過去問とサブノート)

(本日の第4弾)

企業経営理論の得点をアップさせる過去問の解き方、使い方(中小企業診断士絶対合格!)


企業経営理論では、マーケティングを中心にカタカナ言葉が頻出します。

カニバリゼーション

ブランドエクイティ

サービスマーケティング

これらは、英語をそのままカタカナにしただけの用語です。

一度理解してしまえば、用語にも慣れ、普通に使えるようになってきます。

ただ、初めて見たときは頭が混乱するかもしれません。

対策は、

1.具体例を思い浮かべながら覚える合格

2.日本語と一緒に覚えるべーっだ!

3.割り切るクラッカー

です。

想像も付かないものを、且つカタカナのまま覚えるのは骨が折れます。そんなときは、具体例を思い浮かべながら記憶するといいと思います。

幸い、マーケティングの領域であれば、身近に具体例を見出しやすいですから、身の回りの事を思い浮かべながら覚えていくと良いと思います。

次に、日本語と一緒に覚えるのも記憶を定着させる上では有効です。

カニバライゼーションはてなマーク

⇒共食い

少しは記憶の助けになると思います。

そして最後は、割り切ることです。

企業経営理論をはじめの方に学習している人にとって、カタカナ言葉のオンパレードは正直つらいと思います。でも、これから診断士の学習を進めていく中で、たくさんのカタカナ言葉に出会います。

まだまだ簡単なほうですから、訓練と思い、がんばってみましょう。

私は、要領が悪かったので結構力技で覚えました。

3回見て覚えられないなら、10回見る、10回書く、10回声に出す、といったことを繰り返しました。

覚えては忘れの繰り返しになりますが、少しずつ覚えている量が増えてきます。

ということで、もっとも良い対策は、割り切って覚えてしまうことかもしれません。ドンッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です