2次試験の勉強方法【事例4】 №4

こんばんは。
7月の実務補習が楽しみなMR.CBR@タキプロです。
これまで、

2次試験の勉強方法【事例4】
№1 構成の説明
2次試験の勉強方法【事例4】 №2 経営分析の特徴
2次試験の勉強方法【事例4】 №3 経営分析の設問要求
を説明してきました。
本日は事例4、経営分析の最終回となります。
過去の傾向を振り返るとともに、学習方法(準備方法)を紹介致します。
まず、経営分析の過去の傾向は以下の通り。
 
タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!-経営指標_傾向

いかがでしょうかはてなマーク
経営指標、意外と少なくないですか!?
毎年、同じ経営指標が繰り返し登場しています。
傾向が同じということは…
そう、あらかじめ準備ができるのですビックリマーク
では、どのような準備(=勉強)を行なえばよいかはてなマーク
ですが、MR.CBRが行った準備は以下の通りです。
 
1 経営指標の構造を頭に叩き込むグッド!
タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!-経営指標構造
↑クリックで拡大

2
頻出経営指標の文章金型準備グッド!
タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!-経営指標文章金型
↑クリックで拡大

いかがでしょうか。
そんなに大変じゃないですよねはてなマーク
毎年必ず出題され、かつ、変化が少ない経営分析。
勉強のコスト対効果が非常に高いのですビックリマーク
最後に、経営指標を導き出すときのテクニックを紹介。
それはずばり、

宝石赤課題に注目する

です。
前々回、『問題・原因・要因・課題
について紹介致しました。
つまり、課題は問題の裏返し(問題に対する行動)なのです。
では、課題はどこにあるでしょうかはてなマーク
 
そう。課題は設問にある場合が多いのです!!
H22は設問で、設備投資による新たな生産方法の採用。
H21は設問で、本社の売却。
問題、原因、要因、課題の関係は、

問題点 ⇔ 原因 ⇔ 要因 ⇒ 課題


となります。
よって、経営指標を判断する際には、課題(≒設問)も重要な
判断要素となるのですビックリマーク

次回からは、事例4の計算問題について紹介していきます。
ファイトだ受験生、タキプロは燃える受験生メラメラとともにありますビックリマーク


えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント
気になる方はコチラ グッド!

==========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

あのタキプロがホームページを開設したらしいぞ!!
↓↓タキプロのホームページ(画像をぽちっ)

タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です