2次試験の勉強方法【事例4】№7

こんばんは。月曜夜三日月MR.CBR@タキプロです。
本日は実務補習のプレゼン。やり遂げた美酒ビールを飲んでいるはずです(笑)。
1次試験当日の持ち物ですが、37ページにもなる自作暗記シートを
持って行きました(お、重い…)。試験前に確認もしましたが、
持って行った目的は『自分はこれだけやってきたんだビックリマーク

そう自身に言い聞かせ、落ち着くための『御守りとして持っていきました。
筆記用具などのマストアイテムはもちろん最重要ですが、試験当日、
自分が最高のパフォーマンスを発揮するためのメンタルグッズも意外と
重要ですチョキ
さて本題。
これまでのブログは以下
をクリックして確認して下さい。
2次試験の勉強方法【事例4】№1~7
前回の結論は、
『計算問題の克服に魔法は無い。ただし、計算問題
 のレベルアップ速度を高める方法はある。


その手段として、計算問題(素振り)を無意識に行うのではなく
以下の+α(プラスアルファ)を意識して取組む。
1 手順を確立する
2 なぜ間違えたか、気づきを記録に残す
3 記述問題のことも意識する


今回は、上記23を紹介致します。
(前置きが長くなってしまいました。申し訳ありません。)
百聞は一見に如かずビックリマーク
私が行った2は問題集への書込み+Excelでの整理です。
問題集への手書き(○×と間違えた原因)
↓クリックすると拡大します
タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!-計算問題へのメモ
事例4 気づき・間違えの記録
↓クリックすると拡大します
タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!-事例4気づき整理
必ず、なぜ間違えたのかはてなマーク、何に気づいたのかはてなマークを振り返り
記録に残します。
その上で手順に問題があった場合は1のブラッシュアップを行います。
また、3については計算問題と記述問題がセットで出てくる
可能性の高い、
①キャッシュフロー計算
②CVP
③デシツリ
④オプション
上記ついては、計算しながら記述問題のイメージも想起
できるようにしておきます。
①キャッシュフロー計算で例を挙げると、
計算問題の内容は、
営業CF、投資CF、財務CF、FCFの算出。
記述問題の想定内容は、
『望ましくないキャッシュフロー経営の状況
→本業の営業活動で十分な資金を獲得できず、
 無計画、過剰な投資を行い、
 運転資金・投資資金不足を借入で賄っている
 支出過剰なCF経営。

②CVP計算では
計算問題の内容は、
変動費率、限界利益率、損益分岐点売上高、損益分岐点比率、
安全余裕率の算出。
記述問題の想定内容は、
『望ましくないCVPの状況

→変動費率、固定費の増加により、損益分岐点売上高、
 損益分岐点比率ともに上昇し、収益の安全余裕度が低下している。

といったように、計算問題をやっている時に記述問題のことも
考えて取組むと、『なぜこの計算問題を行うのかビックリマーク』が明確に
なり、1回の計算問題からの経験値が高まります!!
ファイトだ受験生、タキプロは燃える受験生メラメラとともにありますビックリマーク

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント
気になる方はコチラ グッド!

==========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

あのタキプロがホームページを開設したらしいぞ!!
↓↓タキプロのホームページ(画像をぽちっ)

タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です