2次試験の勉強方法【事例4】№8

こんばんは。月曜夜三日月MR.CBR@タキプロです。
タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!-受験生
1次試験、間近に迫ってきましたね。ラストスパート走る人されていますかはてなマーク
今の時期、迷ったり、焦ったりは、隅において、ひたすら、
ただひたすらに勉強しましょうビックリマーク
しゃにむにメラメラ
がむしゃらにメラメラメラメラ

そしてストイックにメラメラメラメラメラメラ
自分の考える限界(自分の中で作った壁)を超えましょう!!
そんな中でも、試験当日にベストな体調ロケットで臨めるように、
体調をコントロールする冷静さも忘れずにビックリマーク
ちなみに1次試験の食事ですが、私は嫁の作ってくれた弁当を
持っていきました。
財務のできがイマイチで、弁当の味がしなかった記憶がありますガーン
午前のできが悪い時はかなり凹むので、バナナバナナなども
予め準備しておくとよいかも。備えあれば憂いなしですグッド!
さて本題。
これまでのブログは以下をクリックして確認して下さい。
2次試験の勉強方法【事例4】№1~7
前回は、

・なぜ間違えたか、気づきを記録に残す方法
・計算問題をやりつつ、
記述問題のことも意識する

この2つの詳細を紹介致しました。
計算問題を克服するには、
①計算問題をやり続けること
②計算問題をやり続ける時に+αを意識すること

これがレベルアップを早める方法です。
計算問題をやり続けることで、理解を深められ新たな気づきがあり
手順を確立できる、などなど多くのメリットがあります音譜
しかし、これ以外にもやり続けるが故に享受できるメリットがありますビックリマーク
それは何かはてなマークそれは、
計算問題の『捨てる/捨てない
』の嗅覚が備わること。
事例4の勉強法の初めに、事例4の構成について説明致しました。
その中で私は以下の戦略を立てました。
『(難しい)計算問題は捨てて、経営分析と記述問題に魂を入れる。』
 
この戦略をとる上で重要なのは、経営分析、記述問題の対応力は
もちろんですが、それ以外に、(自分にとっての)難しい問題、極論すれば、
捨てる問題は何か?これを見極める判断力です。
この判断、一見簡単に思うかもしれません。そう思われる方は
試験当日の状況を想像してみて下さい。
右矢印あなたは、家族・友人達との貴重な時間を削って勉強に励んできました。
右矢印あなたは、1年に1度の試験、是が非でも受かりたいと考えています。
右矢印あなたは、2次試験事例1~3との240分間の戦いによりヘトヘトです。

この状況下の中で、計算問題を捨てる判断はいかに勇気がいることか…。
そう、多くの方が計算問題を捨てられないのです。そして解ける確率の低い
計算問題に時間を費やしてしまい、
爆弾とれるはずの計算問題、
爆弾とれるはずの経営分析、
爆弾とれるはずの記述問題、
これらを取りこぼしてしまうのですしょぼん
厳しい状況の中で、計算問題の捨てる/捨てないの判断は、いかに多くの
計算問題と向き合ってきたか?そして計算問題と向き合った回数は、
自分自身と向き合った回数に他ならないとMR.CBRは考えます。
自分自身と多く向き合ってきたからこそ、大きなプレッシャー、ヘロヘロの
精神状態の中でも、その判断を行えるようになると考えます!!
次回は、事例4構成の最後である、記述問題について紹介していきます。
ファイトだ受験生、タキプロは燃える受験生メラメラとともにありますビックリマーク

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント
気になる方はコチラ グッド!

==========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

あのタキプロがホームページを開設したらしいぞ!!
↓↓タキプロのホームページ(画像をぽちっ)

タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です