2次試験の勉強方法【事例4】№9

こんばんは。月曜夜三日月MR.CBR@タキプロです。
1次試験、いよいよ間近に迫ってきましたねメラメラ
そこで1次試験当日の過ごし方・注意点ですが、
勉強するだけでなく、試験当日をイメージ+シミュレーション
を行うことをおすすめします。
タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!-考える
プレゼンを例にあげますと、
ありがちなのは、プレゼン資料をつくることに全精力メラメラを傾けてしまい、
いざプレゼンとなると聞き手の心に届かない叫び
これが往々にして起こってしまいます(MR.CBRも経験あり)。
それはなぜかはてなマーク
それは資料を作ることが目的になってしまい、本来の目的である、
聞き手の心に自分の伝えたいメッセージを届ける恋の矢
この一番重要な準備を怠ってしまったからですドクロ
試験勉強、これは大事なことではありますが、上記の例で言うと
『資料の作成』となります。しかし、皆さんの目的は『試験勉強

ではなく『合格』であるはずです。よって、その目的を達成する
ために試験当日のイメージ、シミュレーションを行うのです。
難しく考えなくてOK。
・前日にもっていくものをあらかじめ準備。
 おっとバナナ買っとかなきゃ。
・試験会場に30分前に到着。
 受験生みんな頭良さそうだ…。でも大丈夫、自分はこれまで
 頑張ってきたんだ!自身にそう言い聞かせる。
・経済学…昨年激ムズだったこともあり、今回はそこまで難しく
 ない、おっと、こういう時に自分はポカミスが出やすい。
 
最後のチェックを2回しよう。

てな感じ。これは、自分のこれまでの勉強を通じて自分自身と
向き合ってきたことの自分把握の再整理でもありますグッド!
さて本題。
2次試験の勉強方法【事例4】も今回で10回目です。
初回に、記述問題にドキドキを入れる。そう紹介いたしました。
唐突ですが、記述問題への対応はずばり、
『流れだ、流れをつかむんだ~!!』
 

となります。
流れとはテーマに他なりません。
事例4はをひと言で表現すると、

『企業の問題・課題を財務・会計の視点で
 どのように解決していくか?


だと考えます。
H22のテーマは、これ以上の固定費の削減が難しいなかで、
いかにして損益分岐点比率を改善させるか(ターゲットは変動費)。
H21のテーマは、固定費の削減により損益分岐点比率を下げて
経営リスクを低下させること。
H22では固定費に関してはテーマから外れますし、H21ではその逆
となります。流れ(テーマ)をイメージできるか/できないかは、
記述問題を取組む上で非常に重要となります(経営分析も同様)。
流れ(テーマ)をどのようにしてつかむか?
それは、
①与件文

②設問文

③財務諸表
上記の3つと『過去問の傾向、中小企業の特徴』を踏まえた上で
流れをつかむのです。以前にも述べた通り、②設問文も流れを
つかむ上で重要な要素となるのですビックリマーク
次回は
記述問題への対応に、更に突っ込んでいきますビックリマーク
ファイトだ受験生、タキプロは燃える受験生メラメラとともにあります!!

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント
気になる方はコチラ グッド!

==========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

あのタキプロがホームページを開設したらしいぞ!!
↓↓タキプロのホームページ(画像をぽちっ)

タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です