2次試験の勉強方法【事例4】№10

こんばんは。月曜夜三日月MR.CBR@タキプロです。
お盆真っただ中。暑いですね晴れ
1次試験でおしくも涙をのんだ方、悔しいですね…しょぼん
しかし、試験の記憶が鮮明なうちに、今年何がいけなかったのかはてなマーク
計画や時間配分、勉強への取組み方、試験当日の戦い方や精神状態
など、様々な角度から振り返って下さい。その上で、ひとまず休息する
もよし、来年に向けてさっそく動き出すのもよいと思いますビックリマーク
1次試験合格合格されたか方、おめでとうございますクラッカー
でも休んでいる暇はないですよ。

なぜならば、昨年の1次合格者で2次試験に涙をのんだ2次専念組と
同じ土俵で戦わなければならないからです。
彼らの大半は今年1年2次試験に専念して牙を研ぎ澄まし、今の時期は
既に
『自分にあった解法を確立して仕上げの段階に入っています。
そんな彼ら彼女らと950名前後のイスを取りあう必要があるのですビックリマーク
さて本題。
本日は記述問題について踏み込んでいきますビックリマーク
バックナンバーはこちら
タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!-書く
何度も申し上げますが、私の事例4の戦略は、
『記述問題に魂を入れる』
でした。事例4の記述問題を私なりに大別すると
①事例4全体の流れに合致する記述問題
②知識を問われる記述問題
この2となります。
どちらが不確実性が低く、勉強のコスト対効果が高いのは自明です。
そう①です。しかも①は問題の種類によって解答パターンがほぼ
決まっちゃうんです。
例えば、デシジョンツリーの問題の場合、
期待正味現在価値が正である為、研究開発に着手し、
結果、正味現在価値が正の方法Xであれば設備投資する。
(H19 第3問 設問2より)
となり、これを問題に合わせて変えていけばOKグッド!
これは頻出論点のCVP分析、CF計算も同じです。
また、オプションの場合は長所と短所。
長所:
為替レートに合わせて権利の行使・放棄を意思決定でき、
損失をオプション料の範囲内で回避できること。

短所:
権利の行使・放棄に関わらずオプション料が発生すること。

長所・短所を把握できていれば、問題に応じた微調整だけで
解答を記述することができます。
簡単に説明致しましたが、事例4の記述問題に魂恋の矢を入れるためには、
『頻出論点のパターンを自分なりに捉え、
 前もって準備をしておく。

これが有効だとMR.CBRは考えます!!
ファイトだ受験生、タキプロは燃える受験生メラメラとともにあります!!

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント
気になる方はコチラ グッド!

==========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

あのタキプロがホームページを開設したらしいぞ!!
↓↓タキプロのホームページ(画像をぽちっ)

タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です