今日出会う人があなたを見て、診断士を志すかもしれません。


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

はじめまして。空前絶後の超絶怒涛のイケイケ診断士(登録予定)ことなっしーです。

タキプロブログという合格者の聖地にゲストブロガーとして登場させていただき、大変光栄です。
普段登場されている先生方の洗練された文章と比べると稚拙と感じる点が多々あると思いますが、ご了承ください。

受験生は、今年合格されたあなたの姿を見て、一年後の自分の姿を想像し、心を奮い立たせている。
ですから、一年目から手を抜かずに診断士活動を行うことが、受験生支援にもつながるのです。

私も合格してからのこの一年間は、徹夜が増えた。休日に家にいることは少なかった。飲酒も増えた。資金繰りも厳しかった。
プライベートにも手を抜かずによく遊んだので。

そんな遊び盛りの私は実務補習、真っ只中なのですが、同じ20代の受講生が多いことに驚きました。
20代の診断士が増えた要因は、20代の診断士が増えてきたからだと思います。
すごく当たり前のことと思われるでしょうが、20代は診断士に関する情報が入手しづらいのです。
周りに診断士について聞ける人がなかなかいません。
私は受験生時代、合格体験記は30~40代の方のものが多く、(自分には)参考にならないと思っていました。
社会人歴が異なる20代と30代では勉強方法に違いがあるだろうし、合格後のイメージも湧きにくかったのです。

近年は20代診断士の生の声を聞けるようにもなり、ベンチマークにできる合格体験記も増えてきています。
今後、一番遊びたい年頃でありながら、遊びたい衝動に打ち勝ったタフで活きのいい診断士が増えていくでしょう。
必然と下からの激しい突き上げのプレッシャーが増すことでしょう。

遊びたい衝動に打ち勝つ秘訣は、

合格後のイメージを具体的に考えておくこと

です。
苦しい時、行き詰まったとき、これが心の支えになってくれます。20代だけではなく、全ての受験生に言えることです。
そして、合格後は、

自分の診断士活動に誇りを持ち、胸を張って語れるようになるべき

です。
ただし、合コンではあまり有効ではないのでご注意ください。

以上、自戒の念も込めて、私の処女ブログとさせて頂きます。

 

========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です