【合格者向け】良い文章を書くために必要な、たった2つのこと【ぱくさんの知的根性論#25】


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

正月でも通常営業。まるでコンビニだな鬼参謀…。



ぱく@タキプロ7期の鬼参謀です。

一応言っておきましょう。

あけおめことよろ。

そして最終合格された方、

マジでおめでとう。

タキプロ8期の席はまだ若干空いてますので、
是非お越しくださいませ。


図表0_new


今回は、せっかく合格発表当日の記事ですし、
f)の試験を見事突破された方、
そして既に合格されて活躍著しい諸兄にお伝えしたいと思います。

とはいえ、「実務補習」だの「合格後の世界」だのは、
タキプロ内とか他のサイトとかで適宜情報発信されると思うので、
私は書きません(笑)。←いつもどおりの独自路線。

それよりも、
コンサルタントとしての基本スキルについて語ることで、
皆さんの今後の活躍に少しでも役立てればと考えました。

そんなわけで、題して
「良い文章を書くために必要な、たった2つのこと」。

 
で、大げさな標題をつけた(注1)わけですが、
私は「良い文章を書くために必要なこと」はたった2つ
たった2つのシンプルな答えだと思っています。
 
即ち
“「①何を」、「②誰に」伝えたいのか?”を明確にすること。

これ。ホントにこれだけ。



ええと、細かく話す前に
そもそもの前提を合わせておきたいんですが。

私の中で「悪い文章」とは、
「読み手に、一生懸命に何度も読むことを強いる文章」です。

なので「良い文章」はその逆。すなわち、
「読み手が一度読んだだけで意味を理解できる文章」
な訳です。

で私は(注2)、世の中に真面目な文章を出す際は、
以下のことを常に自分に問いかけています。

“面と向かって、
「で、結論は?」とか、
「コレ、誰が読む想定なの?」と訊かれたとして、
「XXXXです!」って二言三言くらいで答えられるのか?

もし、この質問に「YES」って言えなかったら、
書きだす前にちょっと考えます。

「一体自分は、①何を、②誰に伝えたいのか?」と(注3)。

では、以下細かく見ていきます。

①何を、について

コレは言い換えると、
「結論を明確にしよう」
ということになります。

「そんなもんあたりまえじゃねーか!」
とか突っ込まれそうですが、
そうのたまうソコのアナタ、ホントにわかってますか?

更に問い方を変えてみましょう。

「超忙しい社長にプレゼンをしたい。
でも与えられた時間はたったの一分
さあ、アナタだったら何をどうやって伝えるか?

いわゆるエレベータースピーチってやつです。

社長からすれば、ごちゃごちゃした過程より、
サマった結論だけをバシッと言って欲しいはずですよね。
だって時間ないから。

ぱく
「XXを導入すれば、
御社の売上は倍になります!」


社長
「わかった。採用!

…みたいな。

まあこんな極端な話はそうそうないでしょうが。。。(注4)

スピーチとモノ書きなので厳密には違うのですが、
要点を抑えなくてはいけない意味では同じですね。

考えてみるとわかりますが、
おそらく皆さん、「あれ?」ってなると思います。

モノを書くときって、
意外とこういった要点があやふやなんですよね。

・自分は何を一番伝えたいのか?
・伝えたいことは全部で幾つあるのか?
・優先順位は?順序は?
・それらはMECEに語れているのか?

考えることはたくさんありますね。

それに、シンプルに、要点をしっかりと抑えて伝えようとするほど、
はじめに考えていた言葉よりも、
もっと端的で、
力強く且つ適確な言葉が思いついたりします。

この辺は2次筆記試験にも通じるところじゃないですかねえ。

②誰に、について

こちらは「①何を」よりもっと疎かにされがちな気がしています。

実を言うと、私がいつも、
記事タイトル冒頭に【~向け】と書いているのは、

このことを意識しているからなのです(注5)。

ここのような受験生向けブログに限ってみても、
読み手には冒頭の図のa)~f)みたいな人が想定されるわけですが、
「a)受験検討中の人」に話す場合と
「f)合格済みの人」に話す場合で、
文章の書きっぷりを変えるべきだと思いませんか?

たとえば、さっきシレっと”MECE”
という言葉を使っていますが、
これは本記事が”合格済み”の人向け故。

つまり、
「当然”MECE”という言葉を知っているか、
知らなくても2秒でググって理解できる」人を
読者として想定している
からです。

なので、この記事を
「a)受験検討中の人」向けに書くのだとしたら、
“MECE”ではなく、
“漏れ無くダブり無く”と言い換えるべきなんでしょう。

言葉一つとってもこんな感じですし、他にも

・語調(「です・ます」、「だ・である」、その他諸々…)
・前提をどこまで書くか
・文章構成はどうするか

…等、ぱっと思いつくだけでも
様々な面で影響するとお分かり頂けると思います。

いやこれ、ほんと奥深いんですよ…。ホントに…。

あ、あとひとつ付け加えるなら。

「③何故この文章を書くのか」も意識するべきでしょうね。
「文章を書く目的」と言い換えても良いかもしれません。

「①何を」も「②誰に」も、
この「文章を書く目的」に紐付いているはずです。

というより、紐付いていないと、
途端に説得力が欠けたり、あやふやな文章になります。

当然です。
自分が「何で書いてるんだかわからない」のに、
ムリクリ文章にして他人に伝えたところで、
結果は火を見るより明らか
ですよね。



今回の記事は一見試験に関係なさそうですが、
2次試験は紛れも無く筆記試験も含まれているわけで、
こういったことを考えといて損なんてないと思いますよ。

それに診断士を獲っちゃえば
真面目な文章を書くことはざらにありますし、
コンサル業界ならむしろモノ書いてナンボですからね。
(注6)



あ、とはいえ上記は
「真面目な(=ビジネス目的とかの)」文章を書く時の話なので、
ブログだのSNSだので書き散らかす分には
そこまで考えなくても良いんじゃないかなって思います(注7)。



長々書いてきましたが「①何を、②誰に、(+③何故)」。
是非意識してみてください(注8)。



<今日の名言>

「完璧な文章などといったものは存在しない。
完璧な絶望が存在しないようにね」
(by村上春樹)

偉そうなことを書きましたが、私なんてまだまだひよっこ。
なるべく完璧になるように、日々研鑽ですねえ。

Enjoy!



<注>

1、それはいつもか(笑)
2、私なりにでしかないですけど。。。
3、~~タダのボヤキ~~
一応コンサル業界に身をおいてウン年程経ち、何度もメタクソに叩かれてきて、それでも何とか生き残ってきた自負から言わせてもらいますが、世の中には、胸ぐら掴んで「つまるところアンタは何が言いたいんだよ!」って言いたくなる文章が、結構あふれています。「何でこれを世に出そうと思えたんだろう…」とか、そんな感じで頭を抱えることもしばしばです。偶に自戒のため、悪文を垂れ流しにしてるサイトを見てたりもします。いっつも「うわぁ…」ってなって、ブラウザを”そっ閉じ”です。他山の石ですね。
4、そんなシチュエーションとか胃が痛くなるからゴメンですヨ。
5、戒めですよ。私自身、しょっちゅう忘れますからね。
6、加えてパワポも作らないとですが(遠い目)。
7、コレ言っとかんと、明日からマジで何も書けなくなっちゃうからね(滝汗)。ぶっちゃけ私も駄文製造機だからね。
8、「ドがつく理系」にして「国語の成績なんて全然まったくもってアレだった」私だって、少なくとも2次筆記試験に合格できる程度の文章は書けるのですから、皆さんに出来ないはずないですよ。ホントに。。

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です