【毎週日曜日は名古屋の日!】新しい機能が追加されました。


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪


皆さん、おはようございます。 麦太郎@タキプロ名古屋7期です。

早いもので今回のブログが麦太郎の最後の投稿となります。

いやー、思い起こせば去年3月13日の初投稿で自己紹介をして以来、おこがましくも「麦太郎のノウハウ」などと偉っそうにぶちかましてきましたが、よくみなさんこんな中身の無い文章に飽きもせず(実はとっくに飽てる?)お付き合いくださいました。
深く、深~くお礼申し上げます。

さて、突然ですが告白します。

実は私、麦太郎はチョー人見知りが激しい出不精気質のおじさんなんです。

あ~っ、オイ!そこのタキプロ名古屋メンバー! おまー今、嘘だと思って鼻で笑ったろう!
ほんとだぞ。 ほんとにほんとは人見知り激しくて出不精なんだぞ~!! 

ゴホン、失礼しました。
取り乱してしまいました。

え~、気を取り直して受験生時代、中小企業診断士という資格の情報をあれこれ調べていたころの話です。
中小企業診断士という人種は、仲間同士の付き合いが深く、ネットワークづくりがその後を大きく左右する。」みたいなことがブログや書籍などでちらほら書かれているのを見ました。

元来、人見知りが激しく出不精の麦太郎は、「やばい!」と思いました。
絶対、中小企業診断士になる!」と決めていた麦太郎にとって、これはとても大きな問題です。

何とかしてこのハードルを乗り越えなくてはなりません。
ちょうどその時に知ったのがタキプロという受験生支援をしている団体の存在と、春に開催予定のセミナーでした。
しかもセミナー終了後に懇親会という飲み会もあるというではないですか。

これは来年、診断士になったときのために、こういったところで人と会うようにしなければ。
と意を決して参加することにしました。

これが中小企業診断士という人に初めて会う機会となりました。

このセミナーで当時不安に思っていたことや勉強方法などを質問することができました。
会場に入ったときは、怪しげな面々にどうなることかと不安でいっぱいでしたが、結果的には来てよかったと思ったことを憶えています。

それからしばらくは勉強会などのリアルな場には参加することはありませんでした(理由はこちら)。

そして何とか2次筆記試験を突破し口述試験に進むことができたのですが、口述試験に臨むにあたり、人見知りの麦太郎はうまくしゃべる自信がありません。
「何とかせにゃー。」と困ったときのタキプロ頼み、口述セミナーへ申し込みをしました。(無料だったし)
このセミナー参加をきっかけに人との関わり合いが大きく変わってくることになったのです。

口述セミナーの模擬面接で、のちに同じタキプロ名古屋のメンバーとなるmuddlerラポールと同じ班になりました。
そして、同期仲間となる十数人と知り合いとなり、その後口述試験当日には朝からオフ会に参加しました。

それから先は、実務補習セミナー、新年会、タキプロへの参加、実務補習など、いろんな人に会うわ会うわ!(飲むわ、飲むわ!)
たった1-2か月で数十人の知り合いが増えました。(酒代も増えた!)

さらに6月には中小企業診断士シンポジウムが名古屋で開催され、ここでも名刺を配りまくりです。

この1年で名古屋だけでなく日本各地の100人以上の方と名刺交換しています。
麦太郎が特別なのではなく、多い人はもっともっと大人数と名刺を交換しているはずです。

1年前には想像もしなかった変化です。
中小企業診断士になったこと、さらにはタキプロの活動を通して麦太郎の世界が広がっていきました。

この年齢になって、新たな友人・仲間ができるとは思いませんでした。

「人見知り&出不精」という基本スペックが残っていることに変わりはありませんが、それだけじゃなく「ネットワークづくり」という新たな機能(?)が付加された自分に驚いています。

これを読んでくれている受験生の皆さんも、来年の今頃は今までとは違った世界を見ていただけるよう願っています。

そのために、来週から8期メンバーが皆さんの合格確率を1%でもあげるべく、麦太郎とは違った中身の濃いブログを掲載してくれることでしょう。

ぜひこれからもブログやセミナー、勉強会などタキプロを最大限利用してください。
そして近い将来、中小企業診断士の仲間としてお会いできるのを楽しみにしています。

1年間、ありがとうございました!!

麦太郎

========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です