実務補習を受けるにあたっての準備事項


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

みなさんこんにちは!金曜日朝担当のしのPです。

 

1/12、14にてタキプロでも実務補習セミナーを開催させていただきました。私はそこでパネリストとして登壇させていただきました。そして、多くの2次試験合格者の方にお会いして、私自身もたくさんのパワーをもらいました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

2月の実務補習を申し込まれた方には、まもなく指導員の先生より診断先企業の概要や注意点等の連絡があるかと思われます。実務補習前にどのような準備をしたらよいのか不安に思われている方がかなりの数おられましたので、今回のブログではその点について私見を述べたいと思います。

 

①実務補習テキストを熟読する

まずはこれです。テキストを熟読して実務補習の流れややらなければいけないことのイメージをしっかりつけましょう。準備についても何をやらないといけないのかが記載されていますので、書いてあることを実際にやってみましょう。

 

②診断先企業のこと、外部環境をイメージしておく

診断先企業のホームページについては必ず見ましょう。私は、ホームページの内容をくまなく分析して、社長ヒアリング前までに企業概要資料として自分なりに整理をしていました。資本金や従業員数等の会社概要はもちろんのこと、製品サービスのラインナップや最近のアップデート状況、社長ブログについても目を通しておきたいところです。

外部環境については、業種別審査辞典が役に立ちました。その業種における市場の状況等がコンパクトにまとまっていますのでてっとり早く理解するには必読です。ニュース検索でその企業が取り上げられてないか、競合他社の動向なども一通り見ておきましょう。

 

③とにかく想像力を働かせて質問事項を考えてみる

社長ヒアリングでの質問事項を考える際に、その企業がどんな会社なのか?どういう課題を持っていそうかというあたりをつけて見ましょう。実際に社長ヒアリングをやるときには、まっさらな気持ちでバイアスをかけずにヒアリングに臨むことが最も重要ではありますが、どんな質問をしようかな?と考える際にはある程度の仮説が必要となってくると思います。質問事項のリストアップまでは準備事項としてやっておきましょう。ただし、先ほど申し上げましたが、実際の社長ヒアリングに際しては、まっさらな気持ちで聞くことが大切なので、質問を考える際にあげた仮説は一旦忘れる必要もあることにご注意です。

 

以上、なかなかやることが盛りだくさんではありますが、診断先の企業の社長様も全力でぶつかってきていただけますので、こちらも全力でプロフェッショナル意識を忘れずに取り組みましょう。実務補習に関しては、深くコミットすればするほど得るものは大きいと私は思います。

 

ぜひ体調にはご留意されて、がんばってください!

 

 

タキプロ勉強会(大阪)のお知らせ


◆日時・内容:
1月24日(土)
①10:00~12:00 H26事例Ⅰ グループディスカッションと解説 
②12:10~14:10 H26事例Ⅱ グループディスカッションと解説

◆場 所:グランフロント ナレッジキャピタル7階(大阪市北区大深町3番1号)

◆定 員:20名

◆参加費:1,000円
 
◆持ち物:
H26年度の二次試験を受験された方は再現答案をご持参ください。
初受験の方には与件文と設問をお渡しします。

◆お問い合せ先:takiprooosaka@gmail.com

◆詳細・お申込みはこちらから

 

タキプロ6期生の募集


1月18日(日)16時よりキックオフミーティングを行います。
今、少しでもタキプロに興味をお持ちのみなさまは、こちらの「アンケートフォーム」のご送信をお願いします!
場所等、詳細を追ってご案内いたします。

お住まいの地域や、ご都合によりキックオフミーティングへのご出席が難しい方には別途ご連絡させていただきます。

なお、既にtakipro2010@gmail.com宛に6期生希望の旨のメールをお送りいただいている方は「アンケートフォーム」の送信は不要です。
ご応募ありがとうございました。

お問い合わせ先:タキプロ事務局 takipro2010@gmail.com

 

====================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です