実務補習 Live Report vol.2 [shuttle]


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪


みなさん、こんばんは!
shuttle@タキプロです。

温暖化か、異常気象か、、、熱帯化してきた日本。
最近、スコールのような集中豪雨が続きますね。

先週に続き、夏の実務補習中です。
勉強の合間に、軽い気持ちで流して頂ければ幸いです。

さて、実務補習初日、訪問したA社社長のエネルギーに圧倒されてしまった6人の新人メンバ。
翌日、オフィスに集まり、今後の進め方について、議論を始めました。
まず、6人の担当を以下の6章に分割。
 ・第1章 全体戦略
 ・第2章 財務戦略
 ・第3章 調達戦略
 ・第4章 生産戦略
 ・第5章 営業戦略
 ・第6章 人事戦略

それぞれの視点で、A社をヒアリングした結果を、SWOT形式で書き出していきます。
内部環境、外部環境を整理していく中で、A社の事業ドメインが整理され、全体戦略の方向性が、少しずつ見えてきました。

社長の腕一本で、ニッチ市場での高付加価値化を実現してきたA社。
積極的に提案型の営業を進めてきた結果、特定の顧客との強い結びつきを獲得している反面、逆に、生産面で追いついていないという現状。
オペレーション面で、社長に依存しているノウハウを外出しし、生産体制を確立していくことが求められています。
また、生産規模の拡張を進めるための、現実的な投資計画も必要なようです。

全体戦略の方向性が見えてきたら、各章の目次整理。
記述レベル、記述フォーマットの統一。
最初の段階で、テンプレートを合わせておかないと、後で6章をまとめるタイミングで、大変な困難を味わうことになってしまいます。
WORDのバージョンや、スタイルの定義など、MS Officeに慣れていた方がいいですよ。

ここで、2日目終了。
これから1週間は、各自、自宅にて自分の担当分の調査検討、執筆期間になります。
各自、だいたい15~20ページを目安に、報告書をまとめていきます。

自宅作業中の情報共有は、Yahoo Groups等のメーリングリストと、Drop Box。
技術に詳しい人に習っておきましょう。

そして1週間後、全員の分を持ち寄ってのディスカッションになります。
続きます。

-shuttle

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です