【毎週日曜日は名古屋の日!】実務補習の心構え@レオ


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

【毎週日曜日は名古屋の日!】メリークリスマス!タキプロ名古屋のレオです。
 
先日、2次筆記試験の合格発表がありました。
合格された方、おめでとうございます。口述試験の結果が出ていませんが、例年通りであれば受けた方はほぼ合格していることと思います。タキプロ名古屋の勉強会に参加された方も半数が2次筆記試験に合格し、我々もとてもうれしく思っています。
喜びもひとしおと思いますが、これからが大事になってきます。中小企業診断士試験はあくまで診断士としてスタートラインに立ったに過ぎません。苦労してとった診断士の資格を生かしていくためには資格取得後の1年目が重要です。また診断士のおもしろさ、大変さ、可能性を感じられるのはこれからだと思います。
 
残念ながら不合格となった方、この悔しい経験は挑戦したものだけが味わえる貴重な財産です。不合格という現実は受け入れがたい事実ですが、先週の名古屋のうめもんのブログにもあるように、この事実をどう受け止め次に繋げるかが大事なポイントであると思います。
 
さて、そろそろ本題に。。
今回は「実務補習の心構え」についてです。皆さんすでにご存じのとおり、中小企業診断士として登録するためには実務補習又は実務従事を行う必要があります。実務補習は、これまで行ってきた勉強の集大成です。2次試験で学んできた「読む」、「考える」、「書く」、「話す」を実践で生かす場ととらえることもできます。そしてこの実務補習は大変ですが得られることも多いです。実務補習をより効果的なものにするために意識しておくと良いと思われる点が2点あります。
 
1.班長になる。
実務補習は5人程度のグループで行います。この中でグループの班長を決めます。班長の役割は、診断報告書の作成以外に実務補習全体のマネジメント、分析・提案でのファシリテーション、指導員とのやりとり、グループ内のコミュニケーションの促進、その他準備など多くのことを行う必要があります。大変ですが、やりがいもありますし、自分の良い点・悪い点なども見えてきます。企業で働いているとこのような経験はなかなかできるものではありませんし、この経験は絶対今後に生きてきます。1回は班長を行うようにしましょう。
ちなみに実務補習では診断報告書を作成しますが、「基本戦略」「財務・会計」「営業・販売」「仕入・物流又は生産管理」「人事・組織」の5つにパートが分かれており、それぞれを分かれて担当することになります。l※班長は「基本戦略」を行うことになると思います。
 
2.実務補習の流れをつかむ
実務補習の簡単な流れは以下のようになります。
 
「①事前準備」
 ↓
「②ヒアリング
 ↓
「③分析・提案」
 ↓
「④報告書作成」
 ↓
「⑤診断報告」
 
上記のことを2週間程度で行います。このうち、①、③の一部、④(個人パート)については自主学習となります。
グループで集まって作業するのは②、③の一部、④(個人パートの集約)、⑤になります。この中で②が一番重要なポイントです。私も実務補習を行いましたが、ここがうまくいかないと③以降が非常に困難で中身が薄くなってしまいます。2次試験ではこの部分は問題文に当たる部分ですが、実務補習では自分自身が行うことになります。ヒアリングの時間も企業側の方の参加者も企業ごとにバラバラです。
最低限、④で作成する診断報告書に必要な要素を意識して聞き出すように準備しましょう。
 
2017年度の実務補習の日程が発表されています。2/3(金)からです。実務補習の申し込みは競争が激しいので、受付が開始されたら即申込しましょう。是非、皆さんにとって実務補習が有意義なものとなるよう頑張ってください!
 
最後は告知です。
タキプロ実務補習セミナーが1/8(日)にあります。今回実務補習について触れましたが、セミナーではもっと深く説明しようと思っています。また、実務補習を受けるに当たって絶対知っておいたほうがよい情報や実際に実務補習を受けたタキメンの体験談などなどをお伝えしようと思っています。
————
診断士登録への最後の関門、実務補習!
診断士試験を突破した強者ですら、「地獄の1週間だった」と口をそろえて語る実務補習ですが、ちょっとしたコツでしなくていい苦労をせずにすみます。
・実務補習の実態とは
・どんな準備をしておけばいいの?
・費用はどれぐらいかかるの?
などなど、実体験を踏まえてご紹介します。
皆様とお会いできるのを、スタッフ一同心より楽しみにしております。
※後日資料をお送りしますので、お申込みメールアドレスはPDFファイル受信可能なアドレスを使用ください。
 
<開催概要>
1.日時  2017年1月08日(日) 14:00~16:30 (13:30受付開始)
2.場所  中生涯学習センター 
3.内容  ①実務補習ガイダンス
      ②実務補習で使えるIT講座
4.対象者 中小企業診断士2次試験に合格された方
      平成29年度実務補習に参加を検討中の方
5.定員  20名
6.参加費 無料
7.持参物 名刺筆記用具
8.懇親会 17:00頃より セミナー会場、もしくは名駅近隣にて
      参加費 4,000円程度(実費)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です