タキプロ的おすすめ書籍「拒税同盟」


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

おはようございます!ふくまにあ@タキプロ九州ですねこへび

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

ふくまにあ、やや5月病ぎみガーン(って社会人十数年でも5月病ってなるのか??)

えっと、気を取り直して

まずは、今週の共通テーマ「1次直前勉強内容(企業経営理論)」です!

ふくまにあ、受験生時代の企業経営理論はわりと得意で、みなさまの中にも「得意科目」と感じている方が多いと思います。

けれど、番狂わせが起こるのもこの科目。実はふくまにあ、1次で落としたことがありますカゼ

その時は、「企業経営理論落とすか~、まじか~叫び」と思ったけど、試験中のことを思い出すと、思いがけない問題が出たり、迷って書きなおした問題は全滅だったり。

受験生を困惑させる問題も多く出ますので、やはり基本、王道の部分でしっかり点を稼いでおきましょう。

さて、今週のおすすめ書籍をご紹介します。
「拒税同盟 水木揚」です。

拒税同盟 (日経ビジネス人文庫)/水木 楊
¥580
Amazon.co.jp

「拒税」ってなんのことでしょ。

「拒税」とは、「脱税」でも「節税」でもない、そもそも税の支払いを拒否することだそうです。

この本は、小説になっていて、政府の税金の使い道に腹を立てた主人公たちが、一切税金を払わないぞ!と同盟を組み、色んな手段を使って税金の支払いを拒否するストーリーです。

主人公たちは拒税と称して色んな作戦を実行します。

確定申告書を提出しない

税務署を困らせる(確定申告書を縦書き漢数字で書いちゃうなど)

従業員を全員個人事業主にして源泉徴収させない

差し押さえさせない

などなど

日常、税の仕事をしているふくまにあにとってはおもしろいながらも、一方的な感じもしまして、拒税か脱税かわからなくなるストーリー。

けれど、著者が言うように、

税は国家なり。


税金を払う私たちが税に関心を持たない限り、この国はいつまで経っても良い国になれはしない。

これには深く共感します。

普通の会社員は源泉徴収というシステムで税金を徴収され、自分がいくら税金を払っているのか、あまり自覚していない人がほとんどでしょう。

自分の税金を知らずして、税金の使い道をあーだこーだ言っても真剣味に欠けますよねパンチ!

この本はおもしろおかしく書いてあり、ずんずん読めます。

税金ってとっつきにくいとお思いの方におすすめの1冊ですにひひ

タキプロ中部絶対合格セミナー in 名古屋 が5月28日に開催されます。
タキプロメンバーがいろいろな合格ノウハウ、勉強法をお伝えしたり、悩み相談に乗ります。
先着30名です!!!是非お越しください!!
名古屋セミナーの詳細・申し込みは
コチラ !!
==========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
==========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です