タキプロ的おすすめ書籍「会議の教科書」


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

こんにちは!ふくまにあ@タキプロ九州です
早いもので今日から7月ですねぇ。今年も後半に入りましたね。

1次試験を受験されるみなさま、どうぞあとひと月を精一杯駆け抜けてくださいね

さて、さっそく今週のおすすめ書籍をご紹介しましょうね「会議の教科書 山崎将志」です。

会議の教科書 強い企業の基本の「型」を盗む!/山崎 将志
¥1,575
Amazon.co.jp

みなさま、普段どれくらい「会議してらっしゃいます?

筆者の山崎さんによれば、日本の会社の日常業務の20~30%が会議に費やされているそうですね。
また、職位が高くなればなるほど会議は増加する傾向にあるそうです

そういえば、本屋さんに行けば、会議に関する本がたくさんありますよね
(この「おすすめ書籍」でも、トリンプの「早朝会議革命」を取り上げたこともありました)

この本は、巷にあふれる「会議本」の中でも、タイトルのとおり教本と言える一冊です。

目次だけ並べてみても

第一章 段取りの技術
第二章 資料作成の技術
第三章 仕切りの技術
第四章 議論の技術
第五章 確認の技術

と、これ一冊を参考に会議の運営ができるようになっています。

「ルールもなくただ会議していた」
ふくまにあにとっては、
会議の準備から終了後のまとめまでしっかり書いてあることはとても助かるな、と思いました。 

そして、最終章には「演習問題」が7問ついています。

例えば、
ディスカッションした内容をピラミッド構造でまとめる演習

政府の統計資料から作成された表を分析して、メッセージを探る演習

ぐちゃぐちゃに混乱した議論から掘り下げるべき論点を見つける演習

など、5章までに書いてある技術を演習で使ってみることができます。
親切ですねぇー
それから、なんと付録もあって「会議ツール集」「図解サンプル集」がついているんですよ。

本の内容は、会議にまつわる段取りや資料作成についても細かく書かれていますので、
「会議にこんな時間かけられるかー、ごらと思われるかもしれません。

けど、ちゃんと型を身につけておくと、後々効率が良くなるものです。

会議を仕切ってみたくなる一冊です

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪


【勉強会スケジュール】

 7/5(木)  新橋   一次
 7/12(木) 
八丁堀 二次
 7/19(木)
 新橋   自習・よろず相談
 7/26(木)
      一次&二次

               矢印矢印

    
        参加申込

2 Responses to タキプロ的おすすめ書籍「会議の教科書」

  1. こぐま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ふくまにあ様
    初めまして。こぐまと申します。企業内診断士をやっております。
    今回ご紹介の本、早速入手して一読しました。
    この手の本は山ほど本屋にありますが、それらの中でもこの本はすっきりと重要な点がまとまっていて、秀逸ですね。頭を再度整理することができました。演習問題も実地で役に立ちそうです。
    ふくまにあさんのお勧め本は、いつも参考にさせていただいています。
    これからも様々な良書の紹介、よろしくお願いします。

  2. タキプロ@中小企業診断士 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >こぐまさん
    コメントありがとうございます。ふくまにあです。私が紹介した本がこぐまさまのお役に立ったようで、本当にうれしく思っています。これからも良書をご紹介できるようがんばってまいります。励みになるお言葉ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です