【名古屋どえりゃあ合格通信】わかりやすい言葉で話せるようになろう!!/鉄山

皆様おはようございます。鉄山@タキプロ名古屋(9期)です。

タキプロでは、「合格体験記を大募集中!」です。応募要領はココをクリックしてください!

さて、口述試験を受験した皆様、お疲れ様でした。
ネットの情報等で、「受験すれば合格するよ。」的な事が書いてあったと思います。
とはいっても、合格発表まで緊張しますよね。
私の場合、試験前の10月頭位から2次筆記試験に向けて緊張し始めて、
2次筆記試験を受験して合格発表まで緊張して、
口述試験に進めることがわかって一瞬喜んだのですがすぐに口述対策を始めて緊張して、
口述試験を受験した後はなんだかんだで合格発表まで緊張して、一息ついたのは年末です。
胃に穴が開くかと思いました。
今回は口述試験合格後、実務補修に向けての期間に何をすればよいのかについて書きたいと思います。

学んだ知識を具体化できるようにしよう

先日とある説明会に参加した時のことです。
隣に座っていた初対面の中小企業の社長さんと、話が盛り上がって名刺交換をしました。
中小企業診断士と書いてある私の名刺を見て、こんなことを言いました。
社長さん「中小企業診断士の方の話って難しいですよね、
以前〇〇の関係でお手伝いしてもらったことがあるんですが、
カタカナの専門用語ばかりで何を言っているのか全然わかりませんでした。」
私「それはいけませんね、その診断士がたまたまカタカナ言葉好きな診断士で、
多くの診断士は解りやすく説明してくれますよ。」
1次知識で勉強した用語は、一般的には伝わりづらいと考えておいたほうがよいと思います。
診断士試験の学習を行った皆様は、2次試験の学習をグイグイ行った経験から
情報を知識化することがクセになっていると思います。
試験前、勉強仲間と事例について話をするときは、
知識を多用して話すことが多かったのではないでしょうか。
診断士試験の延長線で実務補修に参加し、社長さんとお話しをすると、
先のように「トゥギャザーしようぜ!!」状態が発生してしまいます。
なのでこれからは、1次知識の様な専門知識になじみがない方たちにも伝わりやすいように、
解りやすい具体的な言葉で話すことを意識することが重要ではないでしょうか。

社長さんの話を聞いてみよう

具体的な言葉で話すためには、社長さんが実際に
どんな言葉で話しているのかを知ることが一番の近道だと思います。
お近くの商工会議所J―Net21などで探してみると、
活躍する社長さんのお話を聞くセミナー等が行われていることがあります。
中には無料で参加できるものもあるかもしれません。
社長さんのお話から、「これは差別化集中戦略の成功事例だな」とか
「インターナルマーケティングの具体例だな」など、勉強になることもたくさんあると思います。
ぜひ探してみてください。
誰が聞いてもわかりやすい具体的な話ができるようになって、
「あなたのお話は実に解りやすい!!」と実務補修先の社長さんに言われることを目指しましょう!!

次回のタキプロブログは今日の夕方、mimakiさんです!!
お楽しみに!!

=======================
【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】
【メルマガの過去記事はこちらのページから】
【メルマガの購読はこちらのページから】
========================

<実務補習セミナー&10期キックオフ in 名古屋 のお知らせ>
タキプロ名古屋では、今年も診断士試験に合格された方々を対象に、
実務補習セミナーと、タキプロ10期メンバーのキックオフを実施します。

■日程 :2019年1月26日(土)
■時間 :13:30~16:15(13:15受付開始)
■場所 :西生涯学習センター第1集会室(愛知県名古屋市西区浄心一丁目1-45)
地図へのリンク
■内容 :実務補習セミナー、タキプロ10期キックオフ
■対象者:中小企業診断士2次試験に合格された方
■定員 :20名
■参加費:無料
■持参物:名刺、筆記用具

実務補習セミナー&10期キックオフのお申し込みはこちらから

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です