「成功したいて心から思とるやつはな。何でもやってみんねん。何でも実行してみんねん。やらずじまいなやつらは、結局そこまでして成功したくないっちゅうことやねん」 『夢をかなえる象』    by じょりさん

みなさま こんにちは
タキプロ10期 引用オタクのじょりさんです。

昨年、診断士の勉強をしていたとき、
「そんなん受かるんですか?」といわれました。
合格率は1次20%、さらに2次20%。単純計算で4%
考えれば考えるほど、受かる気がしない…。
でも合格して、いまブログを書いています。

なぜ受かったのか?は、いまも謎なんですがね。

2次はまったく自信なかったですが、1次はなんとかなると思っていました。
合格率20%は、本気でやればなんとかなる確率です。
しんどいし、大変だし、犠牲も大きい。でも本気でやってみてください。
本気にならなくても合格できるような資格なんて、取っても意味がないと思いません?

あなたの合格可能性を確実に高める方法

「診断士を目指す方の合格確率を1%でも高める」ことがタキプロの理念。
その理念にうってつけの方法をご紹介します。
それは、とってもかんたん。
『合格すると決める』ことです。

なんじゃそら。と思われたかもしれませんが、
これはじょりさんが宅建を受験したときに発見した方法です。
(それも、合格したときではなく落ちた時)
宅建は50問出題され、年度により変わりますが30問~35問正解で合格です。
お昼の時間や休みの日を使ってコツコツと勉強をつづけたじょりさん。
試験1か月前に模擬試験を受けました。結果は18点。
全然あかんやん。と思ったじょりさんは、勉強するのをやめました。

受けるだけは受けてみた試験の結果

ラスト1か月、何もせずに臨んだ試験の結果は30点でした。
その年の合格ラインは33点。あと3つ〇だったら合格でした。
あと3つなら、1か月本気でやれば取れていた…。

悔しくて、もう一度挑戦しました。
次の年の模擬試験は12点。へこみました。
前より悪くなってるやん。でもその年は、合格すると決めていました。
「いまは確かに12点や。でも必ず合格する。合格するに決まっている」
最後の最後まで勉強を続け、その年無事合格できました。

『合格すると決める』の意味

合格すると決める。これは言い換えると、あきらめないということです。
「あきらめない」ってなんだか大変です。ずっとずっと歯を食いしばって頑張り続ける。
人間そんなに強くありません。こころもからだも頑丈ではありません。
そこで「合格すると決める」のです。
合格すると決めると、合格する人たちは、いま何をやっているだろう?と考えます。
合格すると決めると、スランプも途中経過になります。
物語の主人公は必ず大ピンチに陥る。絶体絶命の度合いが高い方が面白い。

ちょっとした努力・成長を続けることが大きな差を生みます。
今の自分を100%として1%を365日積み重ねると
1.01の365乗 =37.8(約38倍)にまで成長できます。
「合格すると決める」必ずやってくださいね。じょりさんでした。
明日、日曜日の朝は「新保さん」、夜は「キタ」さんです。お楽しみに!

========================

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

【メルマガの購読はこちらのページから】

========================

————————————————————–

2019年タキプロ関西 春セミナー

————————————————————–

タキプロ関西春セミナー、今年も開催します!
昨年の合格者であるタキプロメンバーが、受験生の皆さんの様々な悩みに真正面からお答えします。

加えて、毎回満員の勉強会の『申し込みのコツ』もお伝えします!

2019年合格に向けた最初の一歩、是非ご参加ください!

日時:2019年4月6日(土)13:30~17:00
懇親会(任意)17:30頃~
場所:難波市民学習センター
(大阪府大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階)
定員:50名
費用:1,000円(懇親会:4,000円前後)

詳細・お申し込みはこちらから

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です