初学者の2次対策(4):げっちの解答プロセス。(後編)

おはようございます水曜朝げっち@タキプロです。
いつもは週1回ペースで投稿していますが、この時期は2次対策に関する記事ボリュームがやや大きいため、日曜晩にも臨時投稿しています。
さて、今週のテーマは「2次試験合格のコツ、心構え、準備」。
合格のコツは、自分の解答プロセスにどんどん磨きを掛けていくこと。
合格の心構えは、どんなにしんどい、厳しいと思っても、自分は絶対合格するんだという強い意志メラメラを持ち続けることです。
自信がないはてなマーク
大丈夫!!皆さんにはタキプロが付いています!!
タキプロメンバーは、皆さんの絶対合格を目指し、合格確率を1%でも高めるグッド!アップアップために一緒に走り抜けます!!走る人走る人走る人
それでは本題。まず前回の記事はこちら。私の解答プロセスをざっと紹介いたしました。
→「初学者の2次対策(3):げっちの解答プロセス。(前編)
さて、今日は「初学者の2次対策」第4話。それぞれの工程でどういう作業を行っていたのか、なぜこのようなプロセスになったかの詳細をお送りいたします。前回の記事を眺めながら、ご確認ください。
<げっちの解答プロセス(詳細)>
まず、①【解答用紙氏名記入】で、準備・確認作業を行います。解答用紙を一瞥して、配点や解答文字数を確認。続いて、与件文1パラ目3行程度を読み、事業内容や規模等を確認します。そして、各段落の左端切れ目に5cmぐらいの横線を入れながら、段落の数や与件のボリュームをチェックします。
続いて、②【設問分析】では、まず配点を確認。設問文の文節ごとに「/」を引き、設問要求制約条件などポイントにマークを付けます。ここで、解答フレームが想定されるものは「強みは①~②~であり、この結果~できた。」「~は~であるため、~となった。」というように、想定される解答構成パターンを参考に書き出します。これは、設問要求に沿った答えになるよう注意するためです。
また、大事な点として、設問文から予想される切り口キーワードをできるだけたくさん書き出します。ここでは、先入観に捉われず、想定される内容を柔らか頭で仮決めする程度。さらに、戦略レベル(経営戦略→事業戦略→機能別戦略)のどの段階を問う問題なのか、類推していました。
③【大枠把握】で、初めて与件本文を読みに行きます。私の場合は、文章を読むスピードが遅いため、この大枠把握の時間が若干長めになっています。ここでは、接続詞に赤ボールペンで数種類のマーク、社長の信条・モットー経営課題を水色ボールペンでマーク。特に課題は右端余白に★印。強みはシャーペンで囲って、右端に★印。なくても意味が通じるのにあえて追記してある「〇〇〇…」や(〇〇〇…)などのカッコ書きに着目。さらに、文章を頭からスラスラ読んでいく中で、違和感を感じるポイント(日本語が妙にぎくしゃくするひずみ)をチェックします。
④【設問再読】で、設問を再確認します。他の合格者の話を聞いてみると、私の場合は、この設問再確認のプロセスが特徴的かもしれないです。私のパターンとして、設問全体の構成(設問全体の流れ、設問ストーリー or テーマ)と与件文全体ストーリーの両方をあえて俯瞰してみるプロセスをここに置いていました。細かい木ばっかり追い掛けていたので、あえて大きく身を引いて全体を見渡してみる工程です。
⑤【全体戦略】にて、初めて設問と与件根拠の紐付けを行います。私の場合は、与件を1段落目から追いながら、それぞれのセンテンスを各設問に振り分ける作業(プッシュ)としていました。設問1なら①、設問2なら②というのを右端余白に書いていきます。③【大枠把握】でピックアップした課題、強みの★印も、この段階で各設問に振り分けられます。
自分の1つの長所として、振り分けで事故を起こすことがまずないというのがあります。この工程で、各設問で答えるべき根拠をほぼ正確に拾えているので、得点が安定していました。(なぜ安定しているのか、自分でも今一つ理由は分からないのですが…。どうしてなんでしょうか??)
⑥【詳細戦略】にて、各設問の解答方向性、根拠を決定し、実際に解答を書き始めます。考える時間をしっかり取った方が良いかと思い、9月中旬辺りから⑥詳細戦略の開始を35分経過後からとしていました。が、予備校の担任の先生から「文字が汚い」(採点をためらうぐらいだ)と指摘されガーン、再び当初の通り30分経過後から書き始めるように戻しました。
ここには記載していませんが、各プロセスでは「難易度評価」作業も行っています。具体的には、②【設問分析】④【設問再読】⑥【詳細戦略】の3回、各設問の難易度評価を行い、さらに解答記述後に獲得点数として、もう一度、難易度評価を行っていました。(難易度評価作業は非常に重要ですが、初学者できちんとやっている人はあまり多くないと思うので、また後日、詳しく説明したいと思います)
このほかにも、さまざまな作業は行っていますが、だいたい体に染み込んでいたので、紙にまとめた解答プロセス自体は比較的シンプルでした。
ちなみに、下の図は1年前の直前期に解いた事例の解答プロセス状況です。赤色が⑤【全体戦略】で、根拠振り分け作業を行い、次の工程で各設問の解答記述作業に入っていくところです。事例Ⅱの与件文が長い演習で、あえて全体戦略を長めに取ってみる試みを行っていたりします。もちろん事故も起こしていますが…。

タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!-げっちの解答プロセス。

各プロセスの時間を細かく計測しつつ、どこで事故が起きたか、漏れてる作業は何か、毎回の演習問題を解くごとに4~5時間かけて、解答プロセスのブラッシュアップ作業を続けてきました。
長くなりましたが、私の解答プロセスのお話はここまで。
次回以降は以下のような内容を考えています。
チェックマーク私の解答プロセスご紹介
事例振り返り方法
●読解力の鍛え方
●分析力の鍛え方
●編集力の鍛え方
●細切れ時間活用法
●因果関係で得点アップ
●経営分析対応法
●ファイナルペーパー活用策
2次試験突破は、気づきが得られるタキプロ勉強会で!
※次回以降の勉強会日程
8/27(土)17:30 新橋・生涯学習センター
チェックマーク参加申し込みはこちら→http://bit.ly/takiben07-08

==========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
==========================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です