本当のラストブログ(やや熱め?) by もってぃ

みなさん、こんばんは。
タキプロ関西@10期のもってぃです。

前回、ラストです~と言っておきながら、再度やってきました、もってぃです。もう一回ブログを書く機会をいただけたみたいです。
同期からは「最後のブログ、もってぃはもっと熱く語ってくれると思っていた」的なお言葉を頂戴し、この機会…。
熱めに語ってみるのもいいかなと思いつつあります。
という事で、前回から今日に至るまでで、実体験をつらつらと語っていきたいと思います。

では、本題
皆様もご存知、私は企業内診断士です。
6月に登録して、その後に会社の名刺に中小企業診断士って書いたんです。

それからしばらくして、「あ、診断士なんですね」って言われたことはそんなにないんですが、つい最近、もの補助関係で社外の人と話をすることがあって、名刺を渡した時に「診断士、お持ちなんですね!」と言われました。
その効果か、話は滞りなく進みました。

先輩診断士からの話で、診断士という事で話を有利に進めることができる。主導権を持って話すことができる。そのように聞いたことがあります。
その通りの事が起きていると、実感した。
その一方で、その期待に伴った話し方や考え方をしないといけないなと感じました。経営者さんと話す時も好意的であれば良いのですが、そうではない場合、どの様な言葉も届き難いです。信頼感を築くためにも期待に伴った話し方、考え方で話せる努力を怠らないようにしよう
と思う日でした。

もう1つ、タキプロに入って良かったことを伝えて最後にしたいと思います。
先日、タキプロの先輩主催のイベントがあったときに、とある発表をさせていただきました。
2回目が開催されると聞き、再度の発表をさせていただくことができました。

そこで話をした内容は、割愛しますが、人に物事を伝えることの難しさを痛感しました。
自分では伝わるだろうと、工夫を凝らして作成したプレゼンも、実際に聞いている方の顔を見ると、うーん、いまいち…
と言った状態です。
しかし、このワードを喋ると笑ってくれる、こうすれば、メモを取ってくれる。
その様な体験をさせていただく機会であったと思います。
診断士を取ったけど、一歩踏み出せずにいる人もいると思います。
そんな方は、とりあえずの一歩を踏み出す背中押しにタキプロやほかの団体に加入してみてはどうでしょうか。
そこで、とりあえず何かをやってみる。とりあえず、とりあえず、と積み重ねることで、いつか機会をいただくことができると思います。機会があれば、手を挙げてみましょう。自分にとって糧となる何かが起きます。

さて、話は戻って、懇親会です。
こちらでもタキプロ繋がりで話も弾みましたし、同期とも久々に会うこともできました。

同期と近況報告するときに、話がしやすいですし、取得年が同じであったり、企業内診断士であったり、境遇が似ている事が多く、自分の良いところや弱いところがわかることができました。

また、タキプロ11期の方も来られており、その方とも話が盛り上がりました。

11期は色々な人に話しかけていました。さすがのコミュ力と思いました。
その方に「タキプロ11期のキックオフに来ていましたよ」と言われると、心理的な敷居が下がって、話しやすくなっていました。
やはり、○○という共通点があれば武器になるんだなと実感した1日でした。

さて、3月からはタキプロ11期のブログが始まります。
色々な属性の方がいますので、ご自身のメンターを見つけて、合格まで突き進みましょう!

明日は関西タキプロ10期から朝、夕方にラストメッセージです。
ラストは誰になるのでしょうか? こうご期待!

========================

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

========================

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です