スキ×ベン ~ 休日×高山トレーニング

おはようございます。市役所の星☆@タキプロです。
ついに今日から10月ですね。私もだんだんどきどきしてきましたッ

さて、「日常生活のスキマに勉強を組み込む方法」を追及する本シリーズ。

前回はコレ>> 昼休み×財務分析

で、今回はコレ   
休日×高山トレーニング

今回は、スキマ時間をどうするか、というより、まる一日自由に使える日があったらどうするか、という話です。これから試験までの限られた期間で、仕事や学校がない「スキマ日」をどう使うかを考えます。

断じて苦しくなんかないぞッ!

私がオススメしたいのは、「高山トレーニング」です。

よくスポーツ選手がやりますね。酸素が薄い山の上でのトレーニング。本番よりもキツい状況に自分を置いて、心と体を鍛えるアレです。
スポーツではなくても、診断士の2次試験でこれは有効だと思います。
ぜひ、一日6事例とか8事例とか、朝イチから夜寝るまで、一度取り組んでみてください。

私も受験生時代、7事例まではやりました。その時は効果を実感できませんでしたが、今は絶対やっといてよかったと思っています

なんで私が今そう思ってるか?
それは、私が実務補習を受講したときに感じたことがきっかけです。

実務補習がどんな内容なのかは合格してのお楽しみですが、とりあえず、恐ろしくキツい です。日によっては、朝イチから終電まで会議室にこもって、実務補習先の企業の分析やら戦略やらを考え続けます。

脳みそを酷使します。これでもか、というほど

そこで私思いました。
2次試験は、おそらく脳みその持久力を測る試験だ」と。

読む力、考える力、書く力ももちろん必要ですが、診断士には、「どんなに疲れていても結論を誤らない持久力的なものも必要なのです。たぶん。

だから、事例Ⅳでは予想のナナメ上をいく問題が多い(グラフとか、小数点とか、自由筆記欄とか)のです。たぶん。

80分の戦闘を3回もこなして疲れ切った受験生に猫だましを喰らわせて、どれだけ冷静に対処できるのかを見てるんです。たぶん。

なんとも意地悪な感じですが、それを「なんて悪趣味な試験だ 」と非難しても合格できるわけじゃありません。

克服するしかない。

となれば、これから短期的に効果をあげるためにはどうしたらいいか?

そこで、高山トレーニングというわけです。試験まであと週末は2回しかないです。「本番と同じタイムスケジュールで解く」もやった方がいいと思うので、高山トレーニングがやれる日は限られます。計画を立てて、ご家族や仕事の状況も鑑みて、ぜひチャレンジしてみてください。

試験当日の事例Ⅳ直前に、「8事例解いたあの日に比べればまだまだ…」と思えるかもしれません。とはいえ、家庭環境や仕事環境から、なかなか時間がとれない方も多いかとは思います。

そういう方には、「超疲れて帰ってきたけど1事例解く」という高山トレーニングはどうでしょう。

忙しいことが逆にアドバンテージ、とポジティブに捉えていただけたらと思います。
あ、でも体調管理を優先してくださいね。
やりすぎて体調を崩したら元も子もありませんので…

<次回予告>
2次試験では、事例と事例のスキマにある休憩時間に何をするか、もけっこう重要です。その時間が合否を分けることもある、かもしれません。だから準備しましょう。

次回は「休憩時間×ファイナルペーパー 乞うご期待

今日はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました!

====================
 勉強会のお知らせ
【10月】
申し込みはこちらから
=====================

2次試験突破ノウハウを電子書籍にギュッと濃縮
「絶対合格eBook 2次試験編」もよろしくお願いします

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です