元ガテン系診断士「かず」の青色的考察⑦

皆さんこんにちは!

タキプロ8期ブログ担当「かず」@元ガテン系です。

(「かず」の自己紹介はこちら。)

 

本日9/5は一次試験の合格発表ですね。

一次試験は事前に解答が公表されているので、

大量のマークミスなどなければ、それほど想定外のことは

起きないのかなと思います。

 

合格された方は、すでに2次試験の勉強中と思いますが、

心にあった一抹の不安もこれで滅却されたはずですので、

安心して2次対策に集中してください!!

 

残念ながら不合格だった方、一度ゆっくり休んで英気を養って、

また新たな気持ちで診断士を目指して頂きたいです。

 


 

さて今回のブログですが、わたくし「かず」が行った、

2次試験対策に効く精神修養をお話ししたいと思います。

 

 

 

①自分の悪いクセが何かを知る

2次試験は論述試験です。

解答を作っていく中で、今までの人生で身についた、ついてしまった

クセというものが少なからずあると思います。

例えば、

・字が汚い

・小さい字を書いてしまう

・表現がまわりくどい、分かりにくい

・文章を流し読みしてしまう

・読みながらストーリーを先読みしてしまう

・思い込みが激しい

こういったものがあげられるかと思います。

 

皆さんは2次試験の勉強、例えば過去問を解いていて、

「あー、与件文に書いてないのに勝手に思い込みで解答作っちゃった」

「字が汚くて、家族に見せたけど読めなかった」

こんな経験した時にはどうしていますか?

 

次からは気をつけようとはもちろん思うと思いますが、

同じ失敗繰り返していませんか??

 

私は、この手の失敗をした時は、

それを紙に書いてトイレに貼り付けてました。

毎朝トイレに入るとき、自分の悪いクセにすべて目を通すんです。

正直、朝からあまりいい気分はしませんが、

自分の心に刻み込むことができます。おすすめです!

 

②事例Ⅰ+Ⅱ+Ⅲ+Ⅳ+Ⅳ

休日などまとまった時間が取れる時に、

本試験と同じスケジュールで過去問を解いてみようという方

いらっしゃるかと思います。

私も勉強仲間と図書館にこもって「本試験リハーサル」を

やってたんですが、ポイントは

事例Ⅳが終わった後に別の年度の事例Ⅳも解く

ということをやっていました。

 

要は一日5事例解くってことです。

4事例解いてへとへとのタイミングでさらに頭を使う事例Ⅳを解く、

このドMな勉強法、本番に効いてきます。

 

本番当日は想像以上に疲れます。

まぁ当然ですよね。

疲れ切った状態で事例Ⅳをむかえ、

しかもあと1事例で終わる!という気持ちになると

場合によっては少し緊張がゆるんでしまうかもしれません。

普段から一日5事例解いておけば、こんな心配はありません!

 

えーそんなの効果的なの???単なるドMじゃないの( *´艸`)

と言われそうですが、こちらもぜひ一度試してみてください。

疲れ切った時に追い打ちかけるのがポイントです!

 


 

最後に、毎回お話していますが、

体調管理だけは十分気を付けてください!

特に試験が近づいてきたら、安易に生ものとか

体にダメージを及ぼす可能性があるものは控えてくださいね!

 

それでは勉強頑張ってください~!

 

 

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

【メルマガの購読はこちらのページから】

 

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です