[1次] 試験当日までの準備(学習面以外)[後編:持ち物]

中小企業診断士を目指す皆様、おはようございます。がんちゃん/岩間です。

【前回の記事(前編)】では、学習面以外での当日までの準備事項時期別に紹介しました。
今すぐにできることもありますし、模擬試験で予行練習すればより万全になりますので、一度お読みいただければと思います。

今日は後編として「持ち物」についてご紹介いたします。

【本記事をご活用いただくにあたり、必ず、試験案内・申込書や、受験票の内容をご確認くださいますようお願いいたします】

 

◆本記事の活用方法

  • 学習の合間に、一度、本記事を確認しましょう。
  • 模擬試験を受ける場合は、必ず模擬試験で実践しましょう
  • 本記事はプリントアウトするか、ブックマークしておきましょう。

 

◆持ち物〈筆記用具関係〉

鉛筆(HB〜2B、5本)

1次試験では、鉛筆でマークすることをお勧めします。マーク作業を早く安全に行うためです。

私はシャープペンシルと鉛筆を使い分けていました。シャープペンシルは、計算したり複雑な図を書いたりする作業に用い、それ以外の作業はすべて鉛筆で行っていました。
(⇒経済と財務は、シャープペンシルと鉛筆とを併用し、それ以外の科目は鉛筆のみを使いました)

シャープペンシル

シャープペンシルの替え芯

消しゴム(4個、プラスチック製)

角は黒い部分がないようにきれいにしておきます。
また角は少し丸めておいた方がよいでしょう。

マーカー(必要な方のみ)

鉛筆削り(必要な方のみ)

定規(必要な方のみ)

時計(予備含む)(参考:試験案内・申込書 9(2))

試験案内・申込書には、時計に関する制約が書かれていますので、ご注意ください。具体的には、「時計機能のみのものに限る。なお、時計以外の機能、秒針などの音のするもの、キッチンタイマー、大型のものは使用できません。」とのことです。

ボールペン(黒と赤)

何かあったときのために持っておきましょう。
特に、赤ボールペンは、写真票の印字事項の誤り訂正を行う場合に必要となります。受験票が届いたときに気付けば良いですが、当日会場で気づいたときのために念のため持っておくと良いでしょう。(参考:試験案内・受験票 8(2)④)

 

また、筆記用具は使い慣れているものにしましょう。特に、シャープペンシルは、日頃使っていないものを使うと、書き心地が変わるため、意外とストレスが貯まるものです。芯についても同様です。

 

◆持ち物〈受験票関係〉

受験票・写真票 (試験案内・申込書 8(2), 9(1)に既定)

写真が所定の仕様を満たしていることを確認しましょう(写真の大きさ、メガネ着用有無、背景、セロハンテープの貼り付けなど)。

写真付き身分証明証 (試験案内・申込書 9(3)に既定)

会場への地図

受験票に印字されているものではなく、地図検索サイトなどで精緻な地図を調べ、プリントアウトしておくことが望ましいです。

使用予定の交通機関の時刻リスト

路線検索のプリントアウトを持っておきましょう。

 

◆持ち物〈食事・飲料関係〉

昼食(ご飯+ドリンク)

お昼に何を食べるかは、午後の試験のパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。要件は、(1)空腹にならないこと、(2)眠くならないこと、(3)腹痛を起こしにくいこと です。

私の場合は、おにぎり2個+サンドイッチ(卵以外)でした。
そして、満腹にならないよう、昼食時を分散させました。具体的には、1科目めが終了した後におにぎり1個を食べ、2科目め終了後におにぎり1個+サンドイッチを食べました。

また、当日会場近くで購入することと、会場近くの飲食店で取ることは、絶対に避けましょう。当日買えなかったり、お店が見つからなかったりする可能性があり、そうなった場合の焦りが大きいからです。

試験中用の飲料:ふた付きペットボトル(500ml 以内)(参考:試験案内・申込書 10(2)⑫)

試験中に飲み物を飲むことが認められています。ぜひ持っていきましょう。なお、ペットボトルカバーは使用不可、水筒・缶類は不可です。

私は、ペットボトルのスポーツドリンクを用意しました。

眠気防止用ドリンク(コーヒーや栄養ドリンク)

私は、缶コーヒー(ふた付き、1本)と、栄養ドリンク(1本)を用意していました。
特に、初日の3科目め「企業経営理論」はほぼ間違いなく眠くなるという経験から、昼食後に栄養ドリンクを飲むようにしていました。

なお普段から栄養ドリンクを飲まない方は、体調を壊すおそれがあるため、控えることをお勧めします。

チョコレート

脳を活性化させるため、随時、糖分を取ることが望ましいです。また、空腹を解消するためにも有効です。

 

◆持ち物〈その他〉

テキスト・ノート

直前に確認したい事柄が書かれた資料を持っていきましょう。覚えづらい公式、紛らわしい論点、似たような施策の計数情報などは、直前に見ることで記憶に残すことができます

私はテキストを持参しました。いわゆるファイナルノート(重点事項をまとめたノート)は作っておらず、テキストに全ての情報を書き込む方式を取っていたためです。重要度別に付箋を貼ることと、重要度別に蛍光ペンでマークすることにより、ファイナルノート代わりとしていました。

翌日の科目のテキスト・ノート(1日めのみ)

験場から帰るときの時間を有効活用するために、翌日の科目のテキスト・ノートを持っていきましょう。1科目だけで十分です。

上着

会場の温度は、当日にならなければ分かりません。暑い会場かもしれませんし、冷房の直下で寒く感じる可能性もあります。必ず長袖の上着を持っていきましょう

ハンカチ、ティッシュ、目薬、その他の薬

歯ブラシ(必要であれば)

私は余計なストレスを感じたくないという目的から、2科目め終了後に歯磨きをしていました。気持ちをリフレッシュする効果もあるため、お勧めです。

財布、携帯電話、鍵

財布には十分な現金を入れておきましょう。例えば、交通機関が止まった場合にタクシーを使うこともあり得るためです。

 


持ち物は以上です。本記事を読んで気づいた点や、模擬試験の受験時に気づいた点がありましたら、忘れないうちにメモすることをお勧めします。

前回の記事:『準備事項』と合わせてご活用いただければと思います。

 

私は実は、この時期に風邪をひき、体調が悪いなかで模擬試験を受験しました。頭痛などはなかったのですが、息がしづらく、頭が働かなかったのを覚えています。

模擬試験は、学習面以外のことも準備するためのチャンスです。ぜひ活かしてくださいね。また、模擬試験を受けられない方でも、過去問や予想問題集を本番と同じ時間で解くことによって、同様に予行練習することができます。

以上、がんちゃん/岩間でした。

 

タキプロ勉強会のお知らせ


【今後の予定(東京)】

◆日時・場所
・6/29(日) 9:30~12:00 八丁堀区民館  題材:H23事例Ⅳ
・7/6 (日)   9:30~11:45 京橋区民館                                                       題材:H25<1次>企業経営理論
・7/10 (木) 19:30~21:45 京橋区民館                                                       題材:H24<1次>財務・会計 
・7/23 (水) 19:30~21:45 八丁堀区民館  題材:H22事例Ⅰ
・7/27 (日) 9:30~11:45 京橋区民館 題材:H22事例Ⅱ

◆会費 :500円

お申込みはこちらから

*お釣りが出ないようにご用意ください。

==1次試験対策の勉強会参加にあたって==
*可能であれば題材の過去問を解き、解答プロセスを説明できるよう
ご準備ください。
*解答はご自身分がお手元にあれば良いです。
*過去問解説書の使用などはご自由にお使いください。
*問題を忘れずにご持参ください(自分で確認用)。

==2次試験対策の勉強会参加にあたって== 
*題材の過去問を解いて、解答のコピーを8部 ご用意ください。
*問題を忘れずに持ってきてください(自分で確認用)。
*時間の都合上、全部の設問を扱うことはできません。
あらかじめご了承願います。

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です