最後は「心の持ちよう」です!

ラストスパート、決戦の日は目前です。

ヲタク診断士@タキプロです。

今日は、試験を受けるとき、いつも思い出す言葉をご紹介いたします。

それは…
3年B組 金八先生

もう初回放送されて
30年も経つんですが、いまでも鮮明に覚えています。
それは、高校受験を前に、精神的に不安定になっている生徒たちに向かって金八先生が伝えたセリフです。

彼も人なり。我も人なり。難しい問題は誰にとっても大変なんだ。だからなにも恐れることはありません。

私自身、昔から自分に自信を持てない性格のため、周りの人が自分よりできるように見えて仕方ありませんでした。

そんな時、この言葉をドラマで聞いて感動したのですが、それが約30年たったいまでも自分の支えになっています。

『難しい問題は誰にとっても大変なんだ。』

本番で、知らない・解けない問題に当たると、それだけでパニックになることもあります。
しかし、自分ができない問題は、他人もできない埋没原価として、気持ちを切り替え、出来る問題を確実に拾っていく。

最後まで気持ちを切らさずに。

これが試験本番での一番の心も持ちようだと思っています。

さぁ、これまでの努力を試す時がきました。

後は、体調にだけは気を付けて、持てる力を悔いの無いよう発揮してください

皆様の応援がタキプロの原動力となります。

ぽちっと押して、応援お願いします♪

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です