【中小企業経営・政策】平成17年 第15問 小規模企業者の定義

第15問

 現行の中小企業基本法における小規模企業者の定義に当てはまるものはどれか。
ア 常時使用する従業員の数が6人の個人の卸売業者

イ 常時使用する従業員の数が6人、資本金500万円のサービス業で、企業形態は有限会社

ウ 常時使用する従業員の数が8人、資本金1,000万円の小売業で、企業形態は株式会社

エ 常時使用する従業員の数が18人、資本金2,000万円の製造業で、企業形態は株式会社

オ 常時使用する従業員の数が26人の個人の製造業者

正解)エ

小規模企業者の定義は必須項目です。確実に暗記しましょう。

平成16年15問でも、同様の形式で問われている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です