【中小企業経営・政策】平成17年 第27問 中小企業活動促進法

第27問
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 中小企業新事業活動促進法では、新たな事業の実現をバックアップするために、「創業」の支援、「経営革新」の支援、「新連携」の支援、( A )、( B )、の5つの主な支援策がある。
(設問1)
  文中の空欄A、Bに入る最も適切なものの組み合わせはどれか。
 ア A:技術革新の支援   B:海外展開の支援
 イ A:技術革新の支援   B:地域における支援
 ウ A:人材の支援     B:海外展開の支援
 エ A:人材の支援     B:地域における支援

(設問2) 

 文中の下線部①の支援対象に関する記述として、最も不適切なものはどれか。  

ア 経営革新に取り組む組合は、「経営革新」支援の対象となる。 

イ 経営効率化のための同業者2社以上の連携は、「新連載」支援の対象となる。 

ウ 創業5年未満の中小企業者は、「創業」支援の対象となる。 

エ 創業しようとしている個人は、「創業」支援の対象となる。

(設問3) 

 文中の下線部②に関連して設置された新連携支援地域戦略会議に関する記述として、最も適切なものはどれか。  

ア シニアアドバイザーを中核とし、中小企業診断士、公認会計士等で構成される個別チームを編成し、支援を行う。 

イ 都道府県ごとに設置されている。 

ウ 連携事業の内容を審査し、補助金の交付対象を決定する。 

エ 連携体の運営方法(規約作成、工程管理など)のアドバイスを行う。

正解)

(設問1)イ

(設問2)イ

(設問3)エ

毎年出題される論点です。

設問3以外は確実に正解したいところです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です