一次直前対策(中小企業経営・政策) ~傾向分析編~

Reiです。こんばんは夜の街


月曜日からの1次試験共通テーマは
中小企業経営・政策」でした。


この科目を初めて受験される方、
昨年の問題を解いて、

なんだ、楽勝じゃん!得意げ

と思ってはいけません。


私も受けた平成21年度の
「中小企業経営・政策」の
科目合格者数比率は、

なんと過去4年の統計でワースト1の「2.89%叫び

ちなみに同ワースト2は、同年の経情システム3.84%。

散々ですガーン


過去4年の「中小企業経営・政策」の

科目合格者数比率の推移はご覧のとおり。


19年度 8.88%
20年度 27.47%
21年度 2.89%
22年度 24.20%


見事に乱高下しています。

順番からいうと今年は…

と不安にもなりますが、

それでもやはり、基本問題を死守プンプンメラメラ

するしかありません。


ここであらためて基本にたちかえり、
受験案内の「科目設置の目的」から、

この科目により求められていることを確認しておきましょうメガネキラキラ


「中小企業診断士は、
中小企業に対するコンサルタントとしての役割を期待されており、
中小企業経営の特徴を踏まえて、
経営分析や経営戦略の策定等の診断・助言を行う必要がある。」


まあここまではよいとして、


「そこで、企業経営の実態種統計等により、

経済・産業における

 中小企業の役割位置づけ

を理解するとともに、

経営における大企業との相違


把握する必要がある。」


ここまでが「中小企業経営」の内容。

次からが「中小企業政策」ですね。

(もともと、この2科目の合併科目なんですね。)

「また、創業や中小企業経営の診断・助言を行う際には、

国や地方自治体等が講じている各種の政策を、

成長ステージ経営課題に合わせて

適切に活用することが有効である。


このため、中小企業の経営や中小企業政策全般について、

以下の内容を中心に知識を判定する。


とあります。



中小企業庁からすると、


他ならぬ、

中小企業に対するコンサルタント

の試験である以上、


中小企業の実態をわかっていますか?

支援する国や自治体の政策を知っていますか?


と問うているわけですね。


幸い、この科目は90分科目音譜

1問あたりの点数が低い(2~3点)ので、
わからない問題があってもいいんです。


難しいのはみな同じ。
タイムマネジメントをしっかりおこなって、
解ける問題から確実に点を獲得していきましょう。


月曜日からの「中小企業経営・政策」の攻略ノウハウを

読み飛ばしたかも…という方、
ブログトップの「テーマ一覧」より、

(携帯の方は一番下の「テーマ別」からどうぞ!)

中小企業経営・政策」の記事をまとめ読みできますので、
いま一度
ご確認ください。


また、メルマガでは

先週、最も読まれた記事とは?

を毎週お知らせしていますので、こちらもぜひご活用くださいニコニコ


さて、明日6/13(月)からは、
1次直前期勉強内容・方法(経済学・経済政策)
を中心にお伝えしていきます。


また、2次試験対策の記事も発信していきますので、
ぜひ皆様の受験スケジュールに合わせてご活用下さい。

タキプロメンバーには、昨年度の合格者だけでも、
1ストレート合格組

2科目合格からの合格組

32年目2次専念合格組
約20名揃っています


この強みを活かし、
これからのラストスパート時期に向けて、
より充実した記事をお送りしていきますので、
今後ともタキプロブログをよろしくお願い致します
(ついでにぽちっともよろしくお願いします)

==========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。   ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは、一味違う情報配信してますプレゼント 気になる方はコチラ グッド!

中小企業の経営特質

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です