診断士の夏はもうすぐ!?

おはようございます!
金曜朝も元気なaki@タキプロです♪

それにしても最近暑いですね。
昨晩も深夜というのに私の部屋の温度計は30℃を示していました。
個人的にはアジアっぽくてテンション上がってます

昨晩はちょっと遅れてしまったのですが、タキプロ勉強会に参加してきました。
私も来て頂いた方に、何か持ち帰ってもらえるように引き続き頑張りますので、一緒に合格に向かって頑張りましょう!

さて、本日のテーマは経営法務の勉強法です。
この科目、一番苦手な科目でした。
法律の重要性は理解しているのですが、いまいち覚えられないのです。
そんな僕なので、本試験で50~60点が目標でした。

経営法務で大事なポイントはこの3つ!!
1.会社法はを作って覚える!知財もを作って覚える!
2.ただ覚えるだけでなく、理由を考えてみる
3.自分だったらどうするかイメージしてみる

1つ目。
・会社法の色々な知識は自分で表を作ってまとめましょう。
 → 組織形態とか、公開会社とか規模とか・・・
・知財についても表を作ってまとめてみましょう。
 → 実用新案と商標で違いは?同じところは?
・毎日表を見て覚えましょう。
 → ノートの中の場所で覚えても、試験対策上は問題なし!

2つ目。
理由を考えてみましょう。
・なぜ特許と実用新案とは違いがあるんだろう。
・なぜ西友は合同会社にしたのだろう。メリットは?
 → 違いについて鮮明に覚えられます。点の記憶を増やします。

3つ目。
イメージしてみましょう。
・自分が開業するならどの会社形態にするのか
 → 違いについて鮮明に覚えられます。点の記憶を増やします。

記憶のが増えていくと点と点が繋がっていってになります。
線が増えていくとになります。
興味があるところから始めて、必要最低限を覚えることができるのではないでしょうか!?

逃げの暗記法ですが、私はこの方法で50点台を確保しました。
普通にテキストを読んでいてもどうも覚えられない方、是非お試しあれ

本日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

==========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。ぽちっと押して、応援お願いします♪

==========================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です